2019年10月06日

「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」フレディ松川

CIMG3528.JPG

いくら長生きできるとしてもベッドで寝たきりでは意味ないですよねぇ。
やはり健康であるというのが前提となります。
そのため気を使うのがやはり食事ということになるわけですが、しかし健康のため好きな食べ物や飲み物を我慢していったい何のために生きているのか、と著者は言います。
食べたいものを我慢してまで長生きしてもしょうがないではないか。
“間違いだらけの健康神話”に惑わされていないか。
体にいいといわれている食品や食生活に対して、医者である著者が検証し、好きなものを食べて長生きしましょうと提案します・・・・。
まずは食事にしろ健康法にしろダイエットにしろ、正しい知識を持たなくてはなりません。
むちゃくちゃな食生活はもちろんだめですが、ちゃんとした知識のもとに栄養をコントロールすればじゅうぶん好きなものを食べて健康を維持できます。
いろんな人がいますよね。
胡散臭い健康食品や間違ったダイエット法などに手を出す人たち。
健康のためなら死ねるという健康オタクもいったい何が楽しいんだか。
また80歳の老人がいまさら健康のため食生活を変えたりタバコをやめる必要などどこにもありません。
その食生活でその歳まで生きてこられたのですから。
テレビで体にいいと紹介された食品があっという間にスーパーから姿を消したりもします。
こういうのに振り回されるのはほとんど女性です。
で、すぐに飽きて次のブームにまた飛びつく。
冷静になれよと思います。(笑)
私はさほど長生きに関心がないのですが、この本は読み物としてじゅうぶん楽しめました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 02:42| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする