2019年10月10日

「銀翼のイカロス」池井戸潤

CIMG3530.JPG

出向させられていた先から東京中央銀行第二営業部次長に復帰した半沢直樹。
その第二営業部が頭取の意向もあり、ある会社を任されます。
破綻寸前の帝国航空です。
審査部が扱っていたはずの帝国航空をなぜ第二営業部が。
しかも頭取が直々に半沢を指名です。
政権交代した新政権はタスクフォースという再建機関を立ち上げ、帝国航空再建のため東京中央銀行に500億円もの借金を棒引きにしろと要求してきます。
そんな無茶な話を飲めるわけがありません。
半沢は拒否しますが、銀行内上層部にはこれを受け入れるよう圧力をかけてくる人物がいます。
常務の紀本です。
半沢はこの窮地をどのように凌ぐのか。
そしていったいこの件にはどのような裏があるのか・・・・。
半沢直樹シリーズ第4弾。
銀行に復帰した半沢にいきなりの試練です。
まあパターンはいつも一緒なんですけどね。
半沢が煮え湯を飲まされた顧客や上司に起死回生の一発をかまして留飲を下げるという。
ですがそれをどう読ませるかが話なわけで、そこをぐいぐい読ませるのがこの半沢直樹シリーズであり池井戸潤という作家なわけです。
一気に読ませますね。
半沢を始め、それぞれのキャラがいい。
脇を固める渡真利や近藤といった同期の友人たち。
今回半沢の片腕となる部下の田島。
上層部と半沢の間に立ち、苦渋しつつも半沢を見守る上司の内藤部長。
そして銀行のトップである中野渡の心情にも今回は触れられています。
で、あのオネエキャラ金融庁の黒崎も登場し、半沢との対決があります。
でも、あの嫌味な黒崎が実はちょっといいヤツだったりして。
やっぱりこのシリーズは面白い。
もう5年も新作が出ていませんが、これで最終なのかなぁ。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする