2019年10月26日

「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」野地秩嘉

CIMG3538.JPG

1950年代。
呼び屋といわれる人たちが現れます。
戦後の日本に海外の有名なミュージシャンなどを招聘した人たち。
今でいうプロモーターですね。
でも当時はそんなカタカナな言葉などなく、呼び屋という侮蔑的な意味も込めた言葉で呼ばれていました。
しかしそのような仕事に生涯を捧げ、世界中のミュージシャンから尊敬された人物がいました。
1966年にビートルズを来日させた男、永島達司です・・・・。
タイトルにもあるようにビートルズを来日させた人物の半生を描いたノンフィクションです。
内容としましてはビートルズの招聘がメインとなってはいますが、それまでの経歴がすごい。
本書ではまずジャズミュージシャンのジョージ・ルイスから始まります。
彼とのやりとりを読みますと、永島の真摯な姿勢がわかりますし、それに応えるジョージ・ルイスの人物もまたいい。
その後関わった有名ミュージシャンは数知れず。
巻頭にはビートルズの貴重な写真が掲載されていますし、マイケル・ジャクソンやエルトン・ジョンとの写真もあります。
そのビートルズですが、当然当時の呼び屋たちは彼らを狙っていました。
世界的なスーパースターですから。
そんなビートルズであったにも関わらず永島は食指を動かさなかったのですが、向こうから話が来たんですね。
日本でコンサートをやりたいと。
永島、やってくれないかと。
いかに永島が信頼されていたかということですよね。
しかし永島はこの話を断ろうと思っていたそうです。
このあたりのエピソードもまた永島の人物がよく描かれていると思います。
永島達司という人、実に真摯で紳士な人物だったのですね。
当時としては、いや現在でもちょっと日本人離れした感性の持ち主だったようです。
そんな永島達司という人物、そして日本の音楽興行の変遷、その舞台裏、そういったことが記された資料的な価値もある一冊かと思います。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする