2019年10月30日

10月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」山田美保子
・「侠飯3 怒涛の賄い篇」福澤徹三
・「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」フレディ松川
・「いつまでも白い羽根」藤岡陽子
・「銀翼のイカロス」池井戸潤
・「フランス料理は進化する」宇田川悟
・「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」アンドレス・ダンサ/エルネスト・トゥルボブィッツ 
・「わすれなぐさ」吉屋信子
・「ゆで卵の丸かじり」東海林さだお
・「嘘つきLovers」知念みづき
・「ちばてつやが語る「ちばてつや」」ちばてつや
・「きれぎれ」町田康
・「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」野地秩嘉
・「スイッチ」さとうさくら

「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」、まあミーハーな本です。(笑)
読んでためにはなりませんが、ひまつぶしにはなります。
「侠飯3 怒涛の賄い篇」、シリーズ第3弾の今回はヤクザ事務所の賄い飯でした。
見た目いかつい柳刃の真摯さがいいですね。
「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」、健康オタクというのがやたら多いですよね。
好きなものを食べずに我慢してまで長生きしたいのか、と考えさせられます。
「いつまでも白い羽根」、看護師ではなく看護学生たちを描いています。
看護学校とか看護実習のリアリティはさすがに現役の看護師でもある作者ならではしょうか。
「銀翼のイカロス」、半沢直樹シリーズ第4弾。
あいかわらず一級のエンターテイメントですね。
「フランス料理は進化する」、ルイ14世の時代から現代までフランス料理はどのように進化してきたのか。
いろんなシェフや食材、地方料理などにも触れ、フランス料理の魅力を伝えています。
「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」、元ゲリラという異色の経歴を持つ元ウルグアイ大統領のルポタージュ。
金持ちになることが幸せではない、と。
「わすれなぐさ」、昭和ロマンな少女小説。
まあ雰囲気はありますね。
「ゆで卵の丸かじり」、ゆで卵は丸ごと口に入れて食べるのがおいしいと看破。
恐れ入りました。(笑)
「嘘つきLovers」、親友に頼まれ見ず知らずの男を誘惑する主人公。
説得力なさすぎ。
「ちばてつやが語る「ちばてつや」」、ベテラン漫画家が語る半生と作品。
とても興味深く読みました。
「きれぎれ」、かなりシュールで難解ではありますが、これはもう深く考えず身をゆだねて読むべし。
そしたらまあバカバカしくて大いに笑えます。
「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」、ビートルズを呼んだ男とのことですが、もちろん他の大物も多数招聘しています。
あまり表に出ることはありませんでしたが、大きな人物ですねぇ。
「スイッチ」、友達も彼氏もおらず26歳で処女。
でもしっかりと自分の世界を持っていればそれでいいんじゃないかと思いましたけどね。

では今月の一冊をば。
絞りまして「いつまでも白い羽根」と「銀翼のイカロス」ですね。
「銀翼のイカロス」はさすがの半沢直樹シリーズで面白く一気に読んだのですが、「いつまでも白い羽根」のじんわりと染み入る魅力も捨てがたく。
派手さはありませんが、このような小説がもっと読まれることを願い、「いつまでも白い羽根」を今月の一冊に選びます。

CIMG3529.JPG

posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする