2019年11月25日

「性人伝」いその・えいたろう

CIMG3552.JPG

“性”について極めた10人の男性へのインタビューです。
本妻、妾、合わせて15人の女性と同時進行で“性活”する男性。
84歳で週2回とか。
女性の汚れ下着を収集し、その数およそ1200枚という人もいらっしゃいます。
といっても決して下着泥棒で集めたのではなく、街中で声を掛けて貰ったといいますから、むしろその交渉術のほうがすごいのでは。(笑)
スワッピング1000回以上のご夫婦なんてのも登場します・・・・。
いやしかし。
どんな世界にも達人といいますか、その道を極めている人というのはいるのですねぇ。
私もスケベにおいては相当なものと自負しておりますが(恥)、こんな人たちを見せられたら。
性欲と双璧である食欲の場合、それを自慢する人は老若男女数多い。
グルメだ食通だと皆誇らしげです。
しかしそんな人たちも“性”に関しては口をつぐみます。
世間では“食”は陽であり“性”は陰という認識でしょう。
“性”について公に語るのははしたないと。
この本に登場する人たちはそんな陰の趣味を堂々と恥じることなく実践しておられる。
いや、趣味ではなくライフワークであり人生そのものですね。
まことにあっぱれです。
着飾って高級なレストランで食事している男女も、いざ密室に二人きりとなると本能むき出しで性欲を堪能しています。
しかし日常ではそんなことしてませんというような顔をし、このような人たちの性癖に顔をしかめたりしてはいないでしょうか。
同じですよ、食を語るのも性を語るのも。
世の中に食通がいるように、性通がいてもいいじゃないか。(笑)
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする