2019年12月09日

「潜入ルポ ヤクザの修羅場」鈴木智彦

CIMG3559.JPG

つい最近、山口組若頭である高山清司氏が出所したというニュースがありました。
この本はその高山氏が逮捕されるところから始まります。
こういうのにも警察とマスコミとの駆け引きといいますか、台本があったりするんですね。
さて、ヤクザ。
ここでいうヤクザとは暴力団のことですが、一般の人たちにとっては関わり合いになりたくない存在ですよね。
ですがこの著者は興味を持ち、ヤクザ専門誌の「実話時代」編集部に入社します。
その後は「実話時代 BULL」の編集長を経て、フリーライターに。
どっぷりと(?)その世界に浸り、その世界を描いたのがこの一冊です。
タイトルに「潜入ルポ」とあるのですが、そんなこっそり取材したというような内容ではありません。
新宿で有名な『ヤクザマンション』に事務所を構え、毎日のようにヤクザと顔を合わせコネを作ります。
あるときなど上からヤクザが“降ってきて”、なんとバルコニーの鉄柵に突き刺さっていたとか。
もちろん119、110に通報して大騒ぎ。
しかしそんな中でも著者は警察官の対応をきっちりと観察しておられます。
愚連隊の帝王と呼ばれた加納貢と懇意にしていた、というより生活の面倒を見ていた話なども書かれています。
大阪は西成の盆中に潜り込んだり、飛田にマンションを借りてちょんの間に上がってみたり覚醒剤の売人に接触してみたり。
私も西成はよくうろつきましたが、実際この界隈覚醒剤に接触するのは非常にたやすい。
ま、私はそういうのに興味はなく朝から飲み歩くだけでしたが。
とにかく体を張って経験してきたその内容は生々しく迫力に満ちています。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする