2019年12月25日

「はじめての恋ではないけれど」伊東悠香

CIMG3567.JPG

相澤奈々はまもなく25歳になる平凡なOL。
ですが同じ職場に彼氏の佐々木涼もいるし誕生日には指輪も買ってもらって、平凡ながらも幸せな日々です。
そんなある日、職場に年下の女子が途中入社してきます。
20歳の江藤マユリ。
最初は後輩としてかわいがっていた奈々ですが、男性社員に気のあるそぶりをして弄ぶタイプの女だということがわかってきて複雑な心境に。
自分とは無関係な男性にちょっかいを出しているうちはよかったのですが、なんと彼氏である涼にも接近していきます。
そしてついには涼を奪われてしまうのです。
精神的にもボロボロになってしまった奈々が逃げ口として求めた相手が、仕事に厳しく冷たい雰囲気の上司、樋口恵介でした。
奈々は恵介と心がない体だけの関係になります・・・・。
若くてキャピキャピした自分より若い女。
しかも男に気があるようなそぶりをするものだから男受けがいい。
同性からして思いっきり嫌な女ですよね。
そんなのに彼氏を取られたら、そりゃ精神的にダウンするでしょう。(笑)
そういう下地を作っておいて、上司と関係を・・・・というのはベタではありますが、作者もまあちゃんと辻褄は考えておられるのだなと。
いや、このエタニティのシリーズ、そんなの考えずにいきあたりばったりの脳内妄想で書いておられるような作家さんもいらっしゃいますので。(笑)
エッチの描写に関しましては、ヒロインがけっこう積極的なのがいいですね。
というのは、現実の男女の付き合いにおいて女性はいつも男性の誘いを待っている、なんてことはないわけですし。
付き合っていれば女性のほうからアプローチすることも当然あるわけで。
そのあたりは積極的というより、むしろ自然だなと思いました。
本編の他、2編の後日譚があります。
「Je te veux」という編にはちょっとホロッとさせられたりもしました。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする