2020年01月02日

「宇喜多の捨て嫁」木下昌輝

CIMG3570.JPG

戦国大名・宇喜多直家。
自身の出世のためなら平気で娘の嫁ぎ先を滅ぼし、義父の首さえも切り落とします。
そんな宇喜多直家の半生とはどのようなものだったのか・・・・。
於葉は直家の四女。
後藤勝基に嫁ぐのですが、なんと祝言の場にて直家が浦上家に謀反を起こしたと聞き、血の気が引きます。
浦上松之丞は於葉の姉である小梅の婿です。
その小梅は松之丞に殉じ、自害したとのこと。
その宇喜多の軍勢はいよいよ後藤家にも押し寄せてきます。
於葉は後藤家の嫁として、宇喜多家と戦い後藤家に殉ずることを決意します・・・・。
表題作他5編を収録した連作短編集、というよりは、私は長編として読みましたけどね。
ただそのように読むと時代が前後していたりしてちょっとややこしいのですが。
視点を変えていろんな角度から直家を、出来事を描いています。
宇喜多直家は『尻はす』という病を患っており、体中の古傷から血と膿が大量に滲み出る奇病です。
生きながら体を腐らせていく直家が臥せっている部屋には、腐臭がこもっています。
この腐臭がなんとも全編に漂っているような気がして、非常に雰囲気が重い。
そして直家の手段を選ばない非道っぷりが輪をかけてその雰囲気を強調します。
ですが、ちゃんと直家の内面も描かれており、そのような業を背負った悲しさ寂しさのようなものも感じさせます。
この作品は『第2回高校生直木賞』を受賞しています。
これは直近1年間の直木賞候補作の中から選ばれた5作品について選考に応募した全国の高校が校内で予選会を行い、全国大会として代表が集まった本選会で議論し受賞作を選ぶというものです。
この回の候補作は本作の他、「サラバ」西加奈子、「悟浄出立」万城目学、「本屋さんのダイアナ」柚木麻子、「満願」米澤穂信。
高校生がこれらの作家・作品の中から本作を選んだというのがすごい。
まあ高校生といいましても私ごときなど及ぶべくもない読み巧者な人たちでしょうけど。
作者にとってはこれがデビュー作。
これまたすごい。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする