2020年01月18日

「増補版 ディズニーランドの経済学」粟田房穂 高成田享

CIMG3580.JPG

1983年に開業した東京ディズニーランド。
もう今年で37年になりますか。
しかし長く続いていますね。
2018年にはディズニーシーと合わせてですが、過去最高の入園者数を記録したとか。
まさに遊園地の中では独り勝ちの感さえあります。
アメリカ生まれのディズニーランドがなぜここまで日本に受け入れられたのか。
ハード面ソフト面、様々な角度からそれを分析しています。
この本が最初に出たのが1984年。
開業の翌年ですね。
あとがきには「この成功がいつまで続くだろうか」と書いたそうですが、40年近くも独走しているわけです。
著者もこれはさすがに予想外だったようですね。
まるで生命体のように姿を変化させていくとは思ってもみなかったと。
そう、このような施設はつねに進化し続けていないと飽きられてしまいます。
あの手この手を打ち出して客を呼び込んでいます。
アトラクションの追加、そしてディズニーシーを立ち上げ、東京ディズニーリゾートとして進化しています。
さて、10年後20年後はどのようになっているのでしょう。
少子化がどのように影響するのかも懸念ですね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする