2020年01月28日

「新野新の味ばなし あの人・この人 トーク50人」新野新

CIMG3587.JPG

まず著者の新野新という名前が懐かしい。
一時はよくテレビにも出ておられましたし、やはり関西の人間にとってはラジオ番組「ぬかるみの世界」でしょう。
ちょっとカマっぽいキャラクターでお馴染みでした。
さて本書はインタビュー集です。
朝日放送出版の「料理手帖」誌に連載していたのをまとめたようで。
「料理手帖」というのは知らなかったのですが、名前からして当然料理誌でしょうね。
なので各界の著名人に食にちなんだインタビューをするという企画だったのでしょう。
ほんといろんな人が登場しています。
それはいいのですが、内容がなんとも中途半端。
まず食についてのインタビューとしては、それにまつわる話がわずかしかありません。
ではインタビュー集としてどうなのかといいますと、インタビューしている割には著者の推測やら見解がメインです。
なぜかといいますと、著者自らインタビューしていないんですね。
古川嘉一郎という人が取材し、著者がそれを文章にしておられる。
メモだか録音だかはわかりませんがそんなことで書いておられるので、会ったことのない人などは印象も書けないでしょう。
想像で書いておられるわけです。
人物の評論ならそれでもいいでしょう。
必ずしも本人に会う必要はありません。
俳優や芸人の仕事ぶりを客観的に評論する。
あるいは、この人は芸の上ではこうだが実際はこうではあるまいかと推測する。
かまいません。
しかし自ら取材していない人のことをこのような形で書くのはどうなのかと。
ちょっとこれは食というテーマについても登場しておられる人についても無責任ではないですかね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする