2020年03月30日

3月の一冊

今月は14冊読みました。

・「グルメの食法」玉村豊男
・「若冲」澤田瞳子
・「化学探偵Mr.キュリー3」喜多喜久
・「“食の安全”はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実」河岸宏和
・「本棚探偵 最後の挨拶」喜国雅彦
・「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」大崎梢
・「大衆食堂」野沢一馬
・「過剰な二人」林真理子 見城徹
・「好き好き大好き超愛してる。」舞城王太郎
・「切羽へ」井上荒野
・「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」監修:森岡浩
・「巷の美食家」開高健
・「牛乳アンタッチャブル」戸梶圭太
・「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」向谷匡史

「グルメの食法」、各国料理についての解説、著者の見解が書かれています。
なるほどと思うことも多数。
「若冲」、江戸時代の絵師、伊藤若冲の半生。
作者なりの大胆な脚色で描かれています。
「化学探偵Mr.キュリー3」、化学を題材にしたミステリー短編集です。
内容的には可もなく不可もなくといったところ。
「“食の安全”はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実」、現場をよく知る著者が業界の実態を明かして読者を啓蒙しておられます。
こういう類の本は頻繁に刊行されていますが、だからといって業界も消費者も大きく変わる気配はなく・・・・。
「本棚探偵 最後の挨拶」、シリーズ最終(?)となりました。
しかし著者のキクニさん、本業のマンガも面白いがエッセイもなかなか。
「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」、書店を舞台としたミステリー。
ミステリーとしてはちょっとどうかなという部分があるのですが、書店小説としては「書店ガール」よりもこちらのほうが先なんですよね。
「大衆食堂」、ファーストフードやファミリーレストラン、牛丼チェーンなどに押され、どんどん姿を消していく大衆食堂。
その魅力を伝える貴重な一冊です。
「過剰な二人」、個性も我もキツイ(笑)お二人の往復書簡的エッセイ。
作家の考え編集者の考えが共鳴します。
「好き好き大好き超愛してる。」、純愛の恋愛短編集(?)なんですかね。
読み終えてトータルでどう受け止めればいいのかよくわかりませんでした。
「切羽へ」、都会ではなく出来事がすぐに全体に伝わるような小さな島での話。
そんなシチュエーションでのちょっと危なく静かな男と女の機微。
「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」、日本にはたくさんの名字がありますが、その由来はなんなのか。
誰もが考えたことのあるそんな疑問を解説した一冊です。
「巷の美食家」、美食家で大食家でもあった行動する作家の食エッセイ。
グルメを気取ったチャラい若造とは造詣が違います。
「牛乳アンタッチャブル」、雪印食中毒事件の対応を茶化した小説として途中までは面白く読んだんですけど。
でもそこから逸脱できなかったですね。
「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」、内容が本当かどうか私にはわかりませんが。
でも自分の知らない世界の裏事情を知る楽しさがありました。

それでは今月の一冊の決定を。
「若冲」は読んでいて結構手応えありました。
でもあとになって印象が薄れてきたのは若冲のキャラの弱さか、物語のピントの弱さか。
「切羽へ」は染み入るものがありましたが、強く推すに至らず。
ということで、単純に読み物として楽しめた「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」を今月の一冊に選びたいと思います。

CIMG3617.JPG

ラベル:今月の一冊
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」向谷匡史

CIMG3617.JPG

夜の銀座は成功者の街だといわれています。
実業家、政治家、芸能人、文化人、それぞれの世界で名を成した人たちが集まる世界です。
なにしろ高級店になりますと座っただけで4~5万円ですから。
一時期ほどではないにせよ、そのステイタスはいまも変わらないでしょう。
そんな銀座の一流店のホステスたちは、どのように客をもてなし、稼いでいるのか。
ホステスとしてどのような振る舞いがいいのか悪いのか。
裏を知る著者がノウハウを語ります・・・・。
まず銀座なんて街は大阪在住の私にとりましてまったく縁がありません。
大阪の北新地にさえ縁がないのですから。
当然、夜のクラブ活動なんてまったくもう。
地元の駅前さえ出かけるのも億劫な出不精です。(笑)
それはともかく、読み物としてはとても楽しめました。
ホステスの実態、う~ん、なるほど、客の相手して酒飲んで店での実働は4~5時間。
そりゃラクだわな、なんて思ってはいけません。
お気楽なサラリーマン、OLなど、及びもつかない苦労があります。
一流店のトップになりますと年収1億はあるようですが、しかしそんなのは一握り。
それでなくとも出費はひと月にサラリーマンの月収くらいはあるようですし。
私にはまったく縁のない世界なので、他人事のように(他人事ですが)楽しく読ませていただきました。
ちなみにネットでもそういう世界を取り上げた動画がいくつか紹介されています。
TVの取材で放映されたらしい六本木から銀座に進出したママの動画なんてのもありましたが、調べてみましたらどうやら撤退したようで。
オーナーとして銀座に店を出す、客として店に通う、どちらもステイタスですが、なかなか難しいようですね。
会社の経費も使えなくなりましたし、成金も減りましたし、そうなると店も維持できない。
若い連中もいまさらそういう場所を有り難がらなくなってきたというのもあるんじゃないでしょうか。
厳しい時代です。
でも私には縁がないながらも、こういう店はぜひ続いていただきたいと思います。
これもまた文化でしょう。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

「牛乳アンタッチャブル」戸梶圭太

CIMG3616.JPG

雲印乳業西日本支社お客様相談センターの電話があちこちのデスクで鳴り始めます。
低脂肪乳を飲んだ人たちが食中毒をおこしたのです。
相談センターはパニックに陥りますが、上層部は暢気に構えています。
やがてただ事ではないとなり、ようやく社長をはじめとした幹部たちが記者会見を開くのですが、のらりくらりと言い訳ばかり。
しかし役員の中にはまともな人物もいて、このままでは会社がつぶれてしまうと立ち上がります。
現在のろくでもない幹部連中や食中毒事件に関わった連中の首を片っ端から切るための特別調査チームを作ったのです。
まずチームは食中毒を出した大阪工場に乗り込むのですが・・・・。
元ネタは平成12年の雪印集団食中毒事件です。
社長の迷セリフ「私は寝てないんですよ!」もきっちりと挿入されています。(笑)
笑える箇所もいろいろありそれなりに楽しめましたが、話自体は別にどうということもなく。
大まかな筋はオリジナルじゃありませんしね。
そして登場人物が多すぎ。
話の筋にあまり関係のない人物やら、特別調査チームにしても米倉や萩尾なんてキャラ的にたいして仕事をしていません。
まあチームというからにはある程度人物を用意する必要があったのでしょうけど。
役員たちのキャラはまずまず面白かったですけどね。
最後もなんだか拡げた風呂敷をむりやり畳んだような印象。
カタルシスがありませんでした。
ちょっと散漫すぎましたかね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『と』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

「巷の美食家」開高健

CIMG3615.JPG

美食家として知られた作家、開高健の食エッセイ集。
私は美食家というよりも、むしろ大食家というイメージのほうが強いですけども。
必ずしも高級な料理や珍味をもてはやし、庶民的な食べ物を下に見るということはありませんでした。
とにかくなんでも食べてやろうという食に対する好奇心の人でしたね。
この本の中でも「大震災来たりなば」として、皆で非常食としての缶詰食べ比べなどということをやっておられます。
めしの缶詰に大和煮の缶詰の汁をぶっかけて「イケル!」と叫んでみたり。
鯨のコロの美味しさについて語っておられるあたりはさすがに大阪人でしょうか。
といっても鯨も今や貴重品ですが。
サエズリや尾の身なんて庶民の口には入りません。
手作りハンバーグを作る文章があるのですが、牛と豚のひき肉を生焼けで食べるという記述があるのですが、さすがにこれはいただけません。
たとえ牛100%でもひき肉はきっちり火を通して食べなければ。
などと思いながら読んでしまうのは野暮というものでしょうね。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:03| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」監修:森岡浩

CIMG3614.JPG

日本の名字の数は30万種類ほどだといわれていますが、これは世界でも有数な名字大国のようです。
ちなみに1位はアメリカ。
これはいろんな国の人たちがいる移民大国ということもあり、外国人の名字も含まれるので当然かと。
日本にもいろんな名字があり、いちばん多いのが『佐藤』、2位が『鈴木』。
これらはよく知られていますよね。
ちなみに3位『高橋』、4位『田中』、5位『渡辺』となっています。
この本では500位まで紹介されています。
でも佐藤さん鈴木さんが多いといっても、同じクラスや部署に何人もいるというわけではないでしょう。
私の周りを見ても現在は佐藤さんも鈴木さんもいませんし。
これが韓国になると教室で「김(金)さん」と呼びかけると何人もが振り向くとか、会社に電話して「박(朴)さんいらっしゃいますか」などというと「どの部署のどの박でしょうか」なんてことになります。
韓国の名字数は300種類弱だとか。
さて日本の名字ですが、それぞれルーツがあります。
第1位の『佐藤』。
『藤』の付く名字というのは平安時代の藤原氏にゆかりがあるそうです。
『伊藤』、『加藤』、『遠藤』など。
これらは地名と組み合わせているとか。
伊勢の藤原氏で伊藤、加賀の藤原氏で加藤というふうに。
職業に合わせた例としては、伊勢神宮の斎宮寮に勤めたので『斎藤』、建築を行う木工助という職業からきた『工藤』など。
地名や地形からも付けられました。
村を流れる川の上流に住んでいるから『上村』、下流だから『下村』とか。
『長谷川』や『東海林』なんて、普通では読まない読み方の名字もありますよね。
『服部』なんかも。
あるいは読めないような珍しい名字。
『舎利弗』、『王生』、『青天目』、『四十八願』。
これを読める人はすごい。(笑)
この本ではそれらの由来についても丁寧に解説されています。
まあ、そんなこんな、日本の名字にまつわるいろんな話を読むことができて楽しめました。
posted by たろちゃん at 00:00| Comment(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする