2020年03月20日

「切羽へ」井上荒野

CIMG3613.JPG

どことは書かれていませんが、南方にある炭鉱で栄えた離島。
そこでセイは小学校の養護教諭をしています。
夫の陽介は画家。
親しくしている老婆のしずかさんや無邪気な子供たちに囲まれ、地味ながらも平穏な日々です。
同僚の女教師月江は本土から定期的に愛人がやってくるような奔放な女性ですが。
そんな島に石和という男性教師が赴任してきます。
なぜか石和の存在が気になるセイ。
そんなセイの戸惑う心理を気づかぬふりで黙って見守る陽介。
月江は石和とデキてしまい、愛人の妻が乗り込んできて騒ぎとなり、しずかさんは亡くなり、セイの心も乱れます・・・・。
タイトルの「切羽」というのは炭鉱や鉱山の現場、掘進方向における掘削面のことだそうで、この作品では主人公がこのようなセリフを口にします。
「トンネルを掘っていくいちばん先を、切羽と言うとよ。トンネルが繋がってしまえば、切羽はなくなってしまうとばってん、掘り続けている間は、いつも、いちばん先が、切羽」。
昔セイの母親がトンネルの先で綺麗な十字架を拾い、父親がどうやってこのようなものを見つけてくるのかと訊いたときに、「切羽まで歩いていくとたい」と。
う~ん、「掘り続けている間は、いつも、いちばん先が、切羽」、「切羽まで歩いていくとたい」、この言葉に私はなんともやられましたね。
切羽というのはトンネルの先端なわけで。
掘っている間は目の前のそれがすべて。
でも貫通してしまうとそれはあっけなく崩壊して、その先になにがあるのかわからない。
しかしひたすら切羽を先に進めていく・・・・。
今回もやはり静けさの中に不穏な怖さを感じました。
いや、怖さじゃないですかね。
逆に温かな優しさかも。
それはセイの夫である陽介です。
彼は明らかにセイが石和に惹かれているのを感じている。
しかしなにも言わない。
じっと見守っている。
大きいですね。
でもちょっと怖い。(笑)
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

「好き好き大好き超愛してる。」舞城王太郎

CIMG3612.JPG

長編なのか連作短編集なのかよくわかりませんが。
いや、内容もよくわかりません。(笑)
ひたすら純愛な内容?
といえばそうともいえます。
わけわからんのですが、それぞれの男性主人公はひたすら女性を愛していたのだなとは思えます。
思えますが、その表現といいますか、話がわけわからんのですね。
柿緒という女性を愛した(?)男性の話が柱になっているといえましょうか。
すごく遠回しな恋愛小説だと思います。
わかりづらくややこしい設定(私にとってはですが)にしたのは作者のキャラといいますか照れ隠しなんでしょうか。
たしかに舞城王太郎だなとは思いますけども。
愛する女性を失う男性の辛さ。
そんなのが描かれているんですけど、それも伝わりますけど。
ん~、ちょっとアレンジし過ぎかなぁ。
私のような素人は、「そんなにいちびらんでも」と思ってしまうんですよね。
というわけで、いや、わかるんだけどわからない、というのが正直な感想でした。
結局は、タイトルがすべてなのかなと。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

「過剰な二人」林真理子 見城徹

CIMG3611.JPG

野心の作家林真理子と熱狂的な編集者見城徹とのリレーエッセイ。
巻頭に対談がありまして、そのあとは交互に文章を書いておられます。
どちらかというと林氏の書いた文章を受けて見城氏が書いているという感じですかね。
このお二人いろいろ噂もありまして、蜜月な時期のあと16年間の絶縁状態がありました。
その後の対談であり共著ですから、なかなか興味深い一冊です。
内容としましては仕事論、人生論といったところでしょうか。
私はこのような人生論とか仕事論とか自己啓発的な内容の本は大嫌いなのですが、それはまあ著者によります。
政財界の大御所が書いたような人生訓、経営訓、社会人としての心得みたいなのはまったく読む気がしません。
だから小物な庶民なんでしょうけど。(笑)
この本は私にとって気になる作家と編集者であり、興味ある業界でもありますので読んでみました。
タイトルに「過剰」という言葉が使われていますけども、たしかにこのお二人の上昇志向というのは熱すぎますね。
がむしゃらに仕事をしてきたからこそ今の立場がある。
どちらも本音をぶつける人です。
なのでお二人を好きではないという人も結構多い。
でも私はあくまで読者としてですが、この人たちは実に刺激的で面白いと思っています。
なのでこの本も楽しく読ませていただきました。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

「大衆食堂」野沢一馬

CIMG3610.JPG

大衆食堂。
なんていっても今の若い人たちにはわからない人が多いのでは。
だってもうそこらにないですから
看板に『めし・丼 一式』なんて書いてあって。
並んで『酒』なんて書いてあったりもします。
店に入ると安っぽいテーブルがいくつかあって。
近所の隠居したジイさんが昼間からビール飲んでたり、土方のオッサンらがガニ股でわしわしメシ食ってたり。
カウンターやケースの中にはいろんなおかずが並んでいて。
それを何品か取って「メシ大盛りな」なんてオカーチャンに注文して。
ああ、なんでこんな素晴らしい店がなくなりつつあるのか。
この本はいまだに営業しておられる(刊行は2002年)そんな貴重な大衆食堂を紹介しておられます。
東京限定ではありますが。
昔ながらの大衆食堂がなくなっていくのは、時代の流れといってしまえばそうなのかもしれません。
ファミレスやファーストフード、牛丼屋に比べたら、入りづらく割高なのかもしれません。
しかしこの本を見てみますと、この内容でこの値段? と安くてびっくりすることもあります。
で、若い人たちって、このような店で注文できないという話も書かれていました。
定食がなく自分でおかずを選ぶ店で、定食がないといわれると店を出る人もいるとか。
自分で選べないんですよと嘆く店主もいらっしゃいます。
これもファミレスやファーストフードのセットに慣れてしまっている弊害なんでしょうか。
いくらなんでもと思いますが、事実なんですよね。
でも大衆食堂、スタイルを変えて受け継がれてはいます。
『やよい軒』とか『大戸屋』とか『街かど屋』とか。
どれもチェーン店ですけどね。
昔ながらのオトーサンオカーサン経営の食堂はやはり消えていくんでしょうか。
寂しいです。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」大崎梢

CIMG3609.JPG

書店を舞台にしたミステリーです。
連作短編集。
表題作はタイトルにもなっている「サイン会はいかが?」。
駅ビル6階にある成風堂書店。
そこには社員の杏子と推理が得意のアルバイト店員多絵がいます。
コンビは過去にもいろんな事件を解決した実績あり。
人気ミステリー作家がそんな成風堂でサイン会を開くことになります。
作家にはストーカーがつきまとっています。
そのストーカーの正体を突き止めてほしいということで、あえて成風堂でサイン会を開催することになったのです。
それまでに作家に対していろいろと脅迫的な手紙を送っていたストーカー。
サイン会を開くリスクは大です。
さて、杏子と多絵たちはストーカーの正体を暴くことができるのか・・・・。
シリーズ第3弾。
前の2作については内容は忘れていましたが(失礼)、過去記事を読み返してみますと、ああそうだったかなと。
どちらもミステリーとして出来が甘いという感想でした。
でも今回はさほどそのような印象はなかったです。
最後に収録されている「ヤギさんの忘れもの」なんかは、ちょっと強引な作りかなと思いましたけど。
まずまず読後に不満はない内容でした。
ラベル:本・書店 小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする