2020年03月14日

「大衆食堂」野沢一馬

CIMG3610.JPG

大衆食堂。
なんていっても今の若い人たちにはわからない人が多いのでは。
だってもうそこらにないですから
看板に『めし・丼 一式』なんて書いてあって。
並んで『酒』なんて書いてあったりもします。
店に入ると安っぽいテーブルがいくつかあって。
近所の隠居したジイさんが昼間からビール飲んでたり、土方のオッサンらがガニ股でわしわしメシ食ってたり。
カウンターやケースの中にはいろんなおかずが並んでいて。
それを何品か取って「メシ大盛りな」なんてオカーチャンに注文して。
ああ、なんでこんな素晴らしい店がなくなりつつあるのか。
この本はいまだに営業しておられる(刊行は2002年)そんな貴重な大衆食堂を紹介しておられます。
東京限定ではありますが。
昔ながらの大衆食堂がなくなっていくのは、時代の流れといってしまえばそうなのかもしれません。
ファミレスやファーストフード、牛丼屋に比べたら、入りづらく割高なのかもしれません。
しかしこの本を見てみますと、この内容でこの値段? と安くてびっくりすることもあります。
で、若い人たちって、このような店で注文できないという話も書かれていました。
定食がなく自分でおかずを選ぶ店で、定食がないといわれると店を出る人もいるとか。
自分で選べないんですよと嘆く店主もいらっしゃいます。
これもファミレスやファーストフードのセットに慣れてしまっている弊害なんでしょうか。
いくらなんでもと思いますが、事実なんですよね。
でも大衆食堂、スタイルを変えて受け継がれてはいます。
『やよい軒』とか『大戸屋』とか『街かど屋』とか。
どれもチェーン店ですけどね。
昔ながらのオトーサンオカーサン経営の食堂はやはり消えていくんでしょうか。
寂しいです。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする