2020年03月22日

「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」監修:森岡浩

CIMG3614.JPG

日本の名字の数は30万種類ほどだといわれていますが、これは世界でも有数な名字大国のようです。
ちなみに1位はアメリカ。
これはいろんな国の人たちがいる移民大国ということもあり、外国人の名字も含まれるので当然かと。
日本にもいろんな名字があり、いちばん多いのが『佐藤』、2位が『鈴木』。
これらはよく知られていますよね。
ちなみに3位『高橋』、4位『田中』、5位『渡辺』となっています。
この本では500位まで紹介されています。
でも佐藤さん鈴木さんが多いといっても、同じクラスや部署に何人もいるというわけではないでしょう。
私の周りを見ても現在は佐藤さんも鈴木さんもいませんし。
これが韓国になると教室で「김(金)さん」と呼びかけると何人もが振り向くとか、会社に電話して「박(朴)さんいらっしゃいますか」などというと「どの部署のどの박でしょうか」なんてことになります。
韓国の名字数は300種類弱だとか。
さて日本の名字ですが、それぞれルーツがあります。
第1位の『佐藤』。
『藤』の付く名字というのは平安時代の藤原氏にゆかりがあるそうです。
『伊藤』、『加藤』、『遠藤』など。
これらは地名と組み合わせているとか。
伊勢の藤原氏で伊藤、加賀の藤原氏で加藤というふうに。
職業に合わせた例としては、伊勢神宮の斎宮寮に勤めたので『斎藤』、建築を行う木工助という職業からきた『工藤』など。
地名や地形からも付けられました。
村を流れる川の上流に住んでいるから『上村』、下流だから『下村』とか。
『長谷川』や『東海林』なんて、普通では読まない読み方の名字もありますよね。
『服部』なんかも。
あるいは読めないような珍しい名字。
『舎利弗』、『王生』、『青天目』、『四十八願』。
これを読める人はすごい。(笑)
この本ではそれらの由来についても丁寧に解説されています。
まあ、そんなこんな、日本の名字にまつわるいろんな話を読むことができて楽しめました。
posted by たろちゃん at 00:00| Comment(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする