2020年04月09日

「はたらくわたし」岸本葉子

CIMG3623.JPG

『働く意味って、何だろう。何のために、働くのだろう。』
そんなことは考えないで働き始めたという著者。
でも学生時代にそんなことを真剣に考える人なんてほとんどいないんじゃないですかね。
夢を抱いて就職する人たちは大勢いても。
たいがい就職して「こりゃ学生のときのようにお気楽に過ごせる世界じゃないな」と気付いたり、「思っていたのと全然違う。もっと華やかな世界を思っていたのに」とか。
『楽しくなければ仕事でない、という、うたい文句を聞くことがあります。私はそうは思いません。』と著者は書いておられます。
私もまったくその通りだと思います。
『楽しくなければ仕事でない』なんてのは理想論です。
毎日仕事していて楽しくて仕方がないなんて人は、よほどラクして濡れ手に粟で稼ぎまくり笑いが止まらない人か、頭の中がお花畑の人でしょう。
明日のことを考えたら眠れなかったり、胃が痛くなったり。
こんなことをあと何十年も続けていかないといけないのかと鬱になったり。
今日辞めよう、明日辞めようと、ひたすら思い続けたり。
そんなのが現実でしょう。
とにかく働いてお金を稼ぐというのは大変なことです。
しかしまったく嫌なことばかりではなく、もちろん喜びもあります。
著者は全力を尽くした仕事をして『ああ、この仕事をしていてよかった、と心から感じる瞬間がある。』とも書いておられます。
ここなんでしょうね。
この喜びがあればある程度の辛さは我慢できる。
なにもなければ、こんな仕事やってられるかとなる。
感じ方は人それぞれでしょうけど。
さて、著者はエッセイスト。
テレビ出演や講演などもしておられます。
なので物書きであり、メディアへの露出もあるお仕事の人です。
そんな著者の生活が日記形式で語られています。
生真面目な著者の性格が知れます。
私などはまったくその通りだと思いながら読みましたね。
多数の著作があり名も知られた人ではありますが、驕ることなくつねに自身を省みておられます。
このあたりがもう30年以上もこの世界でやってこられた理由のひとつではないでしょうか。
このような仕事を目指しておられる方ならご一読を。
しかしタイトルが「はたらくわたし」とひらがななのが微笑ましく著者らしいですね。
これが「働く私」だと硬くて台無しです。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする