2020年04月29日

4月の一冊

今月は14冊読みました。

・「食堂つばめ4 冷めない味噌汁」矢崎存美
・「人もいない春」西村賢太
・「忙しい日でも、おなかは空く。」平松洋子
・「負け逃げ」こざわたまこ
・「はたらくわたし」岸本葉子
・「世界のへんな肉」白石あづさ
・「柳生薔薇剣」荒山徹
・「英国一家、フランスを食べる」マイケル・ブース
・「ロマンス小説の七日間」三浦しをん
・「バカにつける薬」呉智英
・「シャーロック・ホームズ傑作選」コナン・ドイル
・「食は広州に在り」邱永漢
・「隣人を愛せよ!」古野一花
・「満願」米澤穂信

「食堂つばめ4 冷めない味噌汁」、あの世とこの世の境にある街を舞台にし、いろんな食べ物や登場人物のエピソードが出てきます。
でもちょっとマンネリですね。
「人もいない春」、やはり主人公はおなじみの北町貫太。
そしてあいかわらずのわがままっぷり、クズっぷりです。
「忙しい日でも、おなかは空く。」、タイトルからもわかるように食エッセイです。
でも食べ物だけでなくいろんな道具についても書かれているのが著者らしい。
「負け逃げ」、連作短編集。
ド田舎に住む人たちの閉塞感やアイデンティティといったようなものが描かれています。
「はたらくわたし」、エッセイストの日常が綴られています。
生真面目な人だなぁと思いました。
「世界のへんな肉」、世界を旅してその土地のいろんな肉料理を食べ歩いておられます。
珍しい肉を食べることよりも、言葉も通じないいろんな国を訪問することのほうが大変ではないかと。
「柳生薔薇剣」、なんとも話が大げさに展開していくのが醍醐味。
そのあたり西村寿行に影響を受けられたとか。
「英国一家、フランスを食べる」、今回は食べ歩きというより料理修行ですね。
料理学校を卒業し、実際にレストランで働いておられます。
「ロマンス小説の七日間」、翻訳家の主人公が私生活の影響もあり、現在訳している小説のストーリーをどんどん変えてしまうというお話。
思っていたほどの展開ではありませんでした。
「バカにつける薬」、評論家による世の中のバカどもを批判した一冊。
けっこう硬い内容だったりもしますが。
「シャーロック・ホームズ傑作選」、「まだらの紐」など有名な作品も収められていますが。
私にはどれも・・・・。
「食は広州に在り」、食については世界一ともいえる中国料理。
そんな中でも広州の料理についての蘊蓄が詰まった一冊。
「隣人を愛せよ!」、幼馴染みの男子がいきなり彼氏になって。
戸惑いつつもラブラブなお話でした。
「満願」、粒のそろった短編集です。
どの話にもひと捻りありました。

え~、今月はまあそこそこの読後感でした。
頭ひとつ抜きんでていたのが「柳生薔薇剣」。
以前から気になっていた作家さんで、ずっと以前に購入していたのをやっとこさ読んでみたのですが。
いや、もっと早くに読むべきでした。(笑)
読み終えて他の作品もまとめて数冊購入。
というわけで、今月の一冊は「柳生薔薇剣」に決定。

CIMG3625.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする