2020年06月30日

6月の一冊

今月の読書は以下の14冊でした。

・「さようなら、ギャングたち」高橋源一郎
・「どんくさいおかんがキレるみたいな。 方言が標準語になるまで」松本修
・「わが愛しの芸人たち」吉川潮
・「世界ぶらり安うま紀行 もっとも安い食べ物が、もっともうまい」西川治
・「耽美なわしら2」森奈津子
・「カレーライス進化論」水野仁輔
・「センセイの書斎 イラストルポ「本」のある仕事場」内澤旬子
・「それから」夏目漱石
・「老後の食卓 ずっと健康でいるための食の常識」文藝春秋 編
・「君が好きだから」井上美珠
・「猟師になりたい!」北尾トロ
・「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」赤瀬川原平
・「女子は、一日にしてならず」黒野伸一
・「割ばしの旅」おおば比呂司

「さようなら、ギャングたち」、正直言ってなんやらようわかりませんでした。
わからないなりに面白ければいいのですが、それもなかったし。
「どんくさいおかんがキレるみたいな。 方言が標準語になるまで」、言葉の研究に熱心な著者の二作目です。
ローカルな言葉がどのように広がっていったのか、興味深く読みました。
「わが愛しの芸人たち」、今の若い人たちにとって芸人といえば若手漫才師ということになるのでしょうが。
この本ではもちろん落語家やベテラン芸人などを取り上げておられます。
「世界ぶらり安うま紀行 もっとも安い食べ物が、もっともうまい」、そう、安くてうまくて昔から地元で愛されている料理。
高い店に行って肩凝るよりもこういう料理でじゅうぶんじゃないですか。
「耽美なわしら2」、オタク色の強い同人誌的な作品です。
まあそれなりに面白いですけど。
「カレーライス進化論」、いまや国民食になったカレーライス。
そんな日本独特に進化を遂げた料理の考察です。
「センセイの書斎 イラストルポ「本」のある仕事場」、作家や学者たちの書斎とはどのようなものか。
精緻なイラストを添えたルポタージュです。
「それから」、友人の妻への思いに気づいてしまった主人公。
今ではどうということのないシチュエーションですが、当時は姦通ということでなかなか大きなテーマでした。
「老後の食卓 ずっと健康でいるための食の常識」、長生きしてきた人たちの食生活についてのエッセイ集です。
人それぞれですので実用性はないかと。(笑)
「君が好きだから」、美人でもなくぽっちゃりでスタイルもよくない主人公にカッコイイ男性がベタ惚れで。
こんなに愛されていいのかしらって、勝手にせいっ。(笑)
「猟師になりたい!」、なんにでも挑戦する著者ですが、今回は猟師です。
ところで裁判の傍聴はもうやめられたのでしょうか。
「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」、私は絵は好きですが、知識はまるでありません。
なのでこういうガイドブックはとてもありがたいですね。
「女子は、一日にしてならず」、面白くは読んだのですが、なにを押し出したかったのかなと。
ダイエット? デブな女の恋愛?
「割ばしの旅」、全国を食べ歩いた著者の食エッセイ。
イラストにほのぼの感があります。

さて、今月の一冊を選ぶわけですが。
う~ん、これといった本はなく、正直どれも当てはまらずなんですけど。
あえてどれかとなりますと、「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」でしょうか。
絵を見る勉強になりました。
ということで今月の一冊はこれで。

CIMG3661.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

「割ばしの旅」おおば比呂司

CIMG3663.JPG

北は北海道から南は沖縄まで。
各地を訪れ味わい、イラストを添えて紹介した食エッセイです。
タイトルの割ばしの旅というのは、著者がいつしか割ばしの袋を持ち帰り、スクラップブックに収集するようになったのに由来するとか。
なるほど。
その店のオリジナルなデザインなら収集したのを眺めるのも楽しいでしょうね。
そのときの料理も脳裡によみがえるというものです。
ただどうなんでしょう、オリジナルの箸袋を使っている店って現在どれくらいあるのか。
高級店となりますと箸袋に入った割ばしなんて出さないでしょうし(?)、大衆的な店だと裸のまんまの割りばしが箸立てに刺してあったり。
袋に入っていても市販の「おてもと」なんて書かれた平凡なやつだったりします。
高級店未満、大衆店以上といったあたりが層でしょうか。
各章に料理のイラストが添えられています。
さすが漫画家。
ただ料理に関しては見づらく詳細はよくわかりません。(笑)
文字で説明は添えられていますけども。
このイラストの画材はなんでしょう。
目の粗い紙に4Bくらいの柔らかい鉛筆で描かれているような感じ。
これがまた味わいなんですけどね。
あ、おおば比呂司なんて漫画家なんか知らないという人も多いと思います。
では『ほていのやきとり』のイラストの人といえばどうでしょう。
けっこう皆ご存じなのでは。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

「女子は、一日にしてならず」黒野伸一

CIMG3662.JPG

奈美恵はもうすぐ30歳になろうかというOL。
体形はそろそろ4Lもきついくらい太っています。
醜い体形だけでなく、性格もキツイ女の言動は注目の的。
社内ではお局様的な立場ですが、つねに若い後輩たちはさりげなく彼女の言動に注目しています。
そんなことわかっていつつ、むしろ楽しむようにいなしている大胆不敵な奈美恵です。
ある日、奈美恵は肥満女たちのサークルに入会します。
「ファット イズ ビューティホー」
太っていることは美しいというスローガンのそんなサークルです。
そこで知り合ったのが自称小説家の南原。
付き合うことになるのですが。
さて奈美恵の恋の行く末は・・・・。
4Lの女性が「ファット イズ ビューティホー」のスローガンのもと、どんどん太っていきます。
5L、6L、7L。
そんな中、小説家だという男と出会って恋に落ちて・・・・。
う~ん、作者は何を書きたかったのかなぁ。
太っている女性の恋愛? 苦悩? 生き様?
ダイエット?
もひとつよくわかりませんでした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:47| Comment(1) | 『く』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」赤瀬川原平

CIMG3661.JPG

絵画鑑賞って難しいのか簡単なのかよくわかりませんね。
作者の意図や技術的な分析となりますと当然それなりの知識や経験、目利きが必要となります。
しかしそんなことを知る必要なんかない、自分がいいと思った絵が名画だという理屈になりますとなんの前知識もいらないわけで。
で、鑑賞の入門書的な本なんか読みますとたいがい後者的なことが書かれていたりして私のような者など安心したりするわけですが、しかし知識はあったほうがいい的なことも書かれていたりして、結局はそっちかい、と思ったりもします。
まあ名画についての解説なんか読んだりしますと自分がまったく気付かなかったようなことが書かれていて、やはり専門家は違うわいと感心するのですが。
その絵が描かれた背景についても触れられたりしていますしね。
この本もそういう類の解説書です。
15人の画家、15作品を取り上げて著者が解説といいますか独自の分析をしておられます。
絵を見、文章を読み、また絵を見直し、なるほどなぁと感心。
なんの解説もなしにその絵を見てもたぶんそんなことには気づかなかっただろうし、やはり専門家の解説というのは必要だなと思います。
この著者が絶賛するのはゴッホ。
取り上げられている作品は『アルルの跳ね橋』です。
意外に思ったのがルノワール『ピアノによる少女たち』やアングル『泉』に対しての評価。
けっこうボロクソ。(笑)
私はルノワールの柔らかなタッチや色彩が好きなのですが、著者は「汚い」とまで言ってのけます。
アングルの作品に対してもまるでプラスチックのようで、「風俗営業の入口にぴったりの絵」だと。
言われてみればおっしゃる通りとも思えてきます。
まあこれはこれで著者の感性であり価値観なのでしょう。
しかしルノワールの絵を「汚い」と評価するというのもなかなか勇気のいることでしょうね。
目利きに自信がありませんと。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

「猟師になりたい!」北尾トロ

CIMG3660.JPG

いままでいろんなことにチャレンジしてこられた著者ですが、今回はなんと猟師に。
長年東京で暮らしてこられたのですが、家族3人で長野県松本市に引っ越し。
編集者から「せっかく長野で暮らすようになったのだから、ここでなければできない取材をしませんか?」と持ち掛けられます。
「猟師へのインタビュー」と。
しかし猟師のことなど何も知りません。
まともなインタビューもできず失礼になるのは目に見えています。
いったんは断ったものの、待てよと。
話が聞きたいのなら、内容を理解したいのなら、自分が猟師になればいい。
思いついた著者は妻に宣言します。
「猟師になろうと思う」
妻は笑いながらおっしゃったそうです。
「いいかもね」
なんとまあ理解があるといいますか屈託がないといいますか。(笑)
というわけで、まずは狩猟免許試験です・・・・。
いつもながらの好奇心と行動力には恐れ入ります。
猟師になるにはどうすればいいのか。
そこから始まります。
免許を取得し、銃を購入したものの。
で、それからどうすればいいのか。
さっぱりわかりません。
右往左往しながらの試行錯誤が続きます・・・・。
しかし猟師ですか。
鉄砲で動物を撃つわけですよね。
なかなか思い切らないとできないでしょう。
幸いにも著者はいい先輩に恵まれます。
そして猟についていろんなことを学びます。
それは決して技術的なことだけではなくて。
猟というのは動物の命を奪うわけですから、仕留めた獲物は必ず無駄にすることなく食べる。
感謝の念をもって命をいただくわけです。
猟師は皆そのような心掛けを持っておられるといいます。
ただ単に鉄砲撃つのが面白いから、動物を殺すのが楽しいから、あとは知らんぷりなんてことではありません。
この本の中では結局著者は一匹も仕留められませんでしたけど。(笑)
2シーズン目を書いた本も出されているようなので、また見かけたら購入したいと思います。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする