2020年07月02日

「紙婚式」山本文緒

CIMG3664.JPG

8編収録の短編集。
表題作の「紙婚式」。
子供は作らず、部屋は別々、自分の食い扶持は自分で稼ぎ、自分のことは全部自分でする。
そんな条件をお互い了解の上で結婚して10年になる夫婦。
友人の結婚式の2次会で夫が「俺は女房を養う気なんか全然ないよ」という台詞を口にします。
それを聞いてショックを受ける私。
なぜ私はショックを受けたのか・・・・。
まったくなんのために結婚したのかわからないカップルです。
食事中に妻が恋人と電話で話していても夫は無関心ですし。
そもそも籍さえ入れていない。
つまり結婚ごっこですね。
2次会で同席した女の子から「あなた達、変よ。それじゃ結婚している意味がないじゃない」と言われます。
これをヘタに追及すると、じゃあ結婚している意味とはなんなのか、という泥沼問答にはまってしまうわけですが。(笑)
この小説の例は極端としても、こういうドライな結婚生活に憧れている人もいるんじゃないかと思います。
特に女性。
仕事を持っていて夫に負けないくらいの収入がある女性は「私は夫に養ってもらってるわけじゃない」というプライドがある。
女だからといって夫の後ろに一歩下がるなんてとんでもない。
男女は平等なのだから。
こうなると憧れというよりも主張ですが。
ある著名人がこんな発言をしていました。
「なんで夫のことを主人なんて呼ばなくちゃいけないの。わたしはペットじゃないのよ」と。
笑いましたね。
なるほど、ポチじゃないんだからと。
一理あります。
話はこの小説に戻りますが、結婚していても生活的に完全に自立孤立しているわけですから、本来なら「養う気なんか全然ない」と言われても「今さらなにを」で終いです。
しかしそれはあまりにも脆い虚構の生活でした。
惰性で回っているコマなんてちょっと触れればひっくり返って止まってしまいます。
でもそうなって初めて気づくこともあるんだろうな、というラストです。
他の作品も結婚生活をテーマに書かれています。
山本文緒流の、ちょっと怖さのある内容です。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 02:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする