2020年08月31日

8月の一冊

今月は以下の14冊を読みました。

・「週刊誌風雲録」高橋呉郎
・「ズボラ人間の料理術」奥薗壽子
・「山を走る女」津島佑子
・「鴨川食堂 おかわり」柏井壽
・「女たちよ!」伊丹十三
・「最終便に間に合えば」林真理子
・「うたかたの日々」ボリス・ヴィアン
・「そばと私」季刊「新そば」編
・「旬の魚を食べ歩く」斎藤潤
・「乙女のままじゃいられない!」石田累
・「宝塚読本」中本千晶
・「いのちの食卓」辰巳芳子
・「星やどりの声」朝井リョウ
・「完全保存版 まんが道大解剖」サンエイムック

「週刊誌風雲録」、いまや政治でも芸能界でも週刊誌というのは新聞よりインパクトありますね。
そんな週刊誌の変遷が書かれています。
「ズボラ人間の料理術」、今まで難しいと思っていた料理が簡単にできるのならありがたいですよね。
従来の常識に縛られることなく簡単に早く美味しく料理を作る実践的なコツを紹介しておられます。
「山を走る女」、現在と違いシングルマザーなんてイメージのいい呼び方のなかった時代。
未婚の母の葛藤が描かれています。
「鴨川食堂 おかわり」、シリーズ第2弾。
前作よりは収まりがよくなったように思えました。
「女たちよ!」、エッセイというジャンルを日本に根付かせた著者。
リアルタイムで読めばさぞかし新鮮だっただろうなぁと思います。
「最終便に間に合えば」、女性が本音を晒した男との心理的やりとり。
これなんですよねぇ、林真理子の凄みは。
「うたかたの日々」、シュールすぎて私には無理でした。
これはSFなのか恋愛小説なのか。
「そばと私」、そばという一家言ある人が多い食べ物についてのエッセイ集。
うどんと私、ラーメンと私、ではどうも締まりません。(笑)
「旬の魚を食べ歩く」、あちこちに出向き、漁師を取材し、民宿で地元ならではの魚料理を堪能する。
やっぱ魚はこれですよねぇ。
「乙女のままじゃいられない!」、エタニティシリーズなので、もちろん少女漫画的な展開ではあります。
でもけっこうワクワクと読ませられましたね。
「宝塚読本」、タカラヅカという独特な歌劇団に魅了された著者が魅力を語ります。
いや、決してヅカファンは特殊じゃないですよ。(笑)
「いのちの食卓」、グルメ情報氾濫の飽食であり崩食である昨今。
バブルの時代に誰もバブルだと気づかなかったように、ほんと皆が意識して今のこの状態に危機感を持たなければ大変なことになるという警告が含まれています。
「星やどりの声」、家族の絆を描いた家族小説であり青春小説。
無難によかった。
「完全保存版 まんが道大解剖」、マンガ家マンガの名作「まんが道」のガイドブックです。
それだけでなく、日本マンガ史の資料としても貴重な一冊だと思います。

ということで今月の一冊なわけですが。
「乙女のままじゃいられない!」がけっこうよかったんですよねぇ。
何日かかけて読んだのですが、翌日に続きを読むのが楽しみで。
「旬の魚を食べ歩く」、これも紹介されている地元の人たち、料理、どちらも味わい深かったなぁ。
「完全保存版 まんが道大解剖」、う~ん、私とは時代が違うのですが、トキワ荘でマンガに青春を懸けた人たちの物語。
マンガに関わった端くれとしまして、やはりこれは・・・・。
自身の青いながらもがむしゃらだった頃を懐かしく、でも新鮮に思い出します。
なので、今月の一冊はこれで。

CIMG3694.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

「完全保存版 まんが道大解剖」サンエイムック

CIMG3694.JPG

マンガ好き、というか70年代~80年代にマンガ家を目指していた人たちにとってはバイブル的な作品が「まんが道」です。
さすがに現在の若い人たちはどうか知りませんけども。
主人公は満賀道雄こと藤子不二雄A氏。
手塚治虫に憧れ、マンガ家になるため友人の才野茂(藤子・F・不二雄)とともに富山県の氷見・高岡から上京して伝説のトキワ荘に住むことになります。
トキワ荘。
う~ん、マンガファンにとっては聖地のような場所ですね。
1982年に解体され、今はもうありませんけど。
マンガの歴史を語る上で避けて通れない場所です。
最初に手塚治虫が住み、そして寺田ヒロオ、手塚が出たあとに藤子不二雄、鈴木伸一、森安なおや、石森章太郎、赤塚不二夫、水野英子と続きます。
通い組ではつのだじろう、園山俊二など。
つげ義春、松本零士、ちばてつやなどもトキワ荘を訪れたことがあるそうです。
そのトキワ荘時代を描いたのが「まんが道」なんですね。
今のようにマンガ家が長者番付に名を出すような時代ではありませんでした。
なので一攫千金とかではなく、ただひたすらマンガが好きで描き続けた人たちです。
四畳半の狭い部屋でカリカリカリカリ・・・・。
藤子氏がトキワ荘に移る前は二畳の部屋に二人ですからね。
まあそのようなマンガに懸けた青春物語である「まんが道」をいろんな角度から紹介、解説したガイドブックがこの本なわけです。
登場人物やいろんなシーン、藤子不二雄A氏へのインタビューはもちろん、まだ電話が普及していなかった当時の出版社からの原稿催促電報なども公開されています。
そしてトキワ荘の見取り図、解体前の外部や内部の写真なども。
藤子氏のトキワ荘時代を知ることができるだけでなく、マンガ史の資料としても価値のある一冊です。
ラベル:マンガ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

「星やどりの声」朝井リョウ

CIMG3692.JPG

鎌倉を舞台にしていると思われる街。
「星やどり」という喫茶店を経営している早坂家。
母と三男三女の家族です。
ビーフシチューが名物の「星やどり」ですが、客は少なく経営は思わしくありません。
ですがその収入を頼りになんとかやってきた早坂家。
家族それぞれいろんな事情を抱えています。
ある日から毎日店に来ていた常連のブラウンおじいさんがぱったりと店に来なくなり、その頃から家族に歪みが生じてきます。
皆が抱えている問題も噴出してきて・・・・。
ロマンチックな家族小説です。
ちょっと言い回しが装飾的過ぎたり、仕掛けもベタ甘だったりしますが。
まあライトな青春小説として読めば高校生のキャラなんかはそれなりなのかなと。
亡き父親の存在が効いていますね。
というか作品の背骨になっています。
ただ章によって視点が変わり、効を奏している部分もあれば全体として散漫になっている印象もあります。
まあ家族の絆を描いているわけですが、よくも悪くもライトだなぁと。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

「いのちの食卓」辰巳芳子

CIMG3691.JPG

「いのちの食卓」。
なかなか重いタイトルです。
なので私の日々の食事はこんなのですよ、というような内容ではありません。
著者は『崩食』の時代を危惧しておられるのです。
『崩食』。
いろんな意味がありますよね。
食材そのものの安全性、毎日3食というリズムの崩壊、家族そろっての食事の減少、インスタントやコンビニ食の普及・・・・。
つまりいろんな面で食が崩壊している。
「食というのは呼吸と等しく、いのちの仕組みにくみこまれている」と著者は言います。
まったくその通りですよね。
でもその食がこれほどおろそかにされている時代は過去になかったでしょう。
飽食ゆえの崩食だと私は思っています。
本書ではレシピもいろいろ紹介されています。
昔ながらのちゃんとした材料を使ったレシピです。
派手ではありませんが滋味ありそうな料理です。
グルメだのなんだの、いつから食はこんなチャラいものになってしまったのでしょう。
ほんと食とは何か、真剣に考える時期にすでに入っています。
添加物まみれの料理もそうですし、日本の食料の自給率にしてもそう。
これらを真剣に考えている“自称グルメさん”はどれだけいらっしゃることやら。
インスタ映えなんていいながら料理の写真撮ってる場合じゃないですよ。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

「宝塚読本」中本千晶

CIMG3690.JPG

タイトルは「ヅカドクホン」と読みます。
その割には著者はまえがきに「ヅカファン」と呼ばないでと書いておられます。
世間の人が使う「ヅカ」という言葉にはどこかバカにした響きが感じられるとか。
女が演じる男が好きだなんてレズではないのか、オペラや歌舞伎やバレエと違って女子供の芸ではないのか、日比谷の帝国ホテル周辺(東京宝塚劇場の前にある)に集まっている異様な集団の一員ではないのか。
そんな誤解があるのではないかと。
ちょっと被害妄想な気もしますが。(笑)
でもタカラヅカが世界にも類を見ない特殊な劇団であるのは確かですよね。
なのではまれば抜けられない魅力があろうことは私にもわかります。
そんなタカラヅカの魅力をこの本で説きたい、「タカラヅカ大好き!」と高らかに宣伝したい、というのが著者の野望だそうです。
内容としましては初心者にQ&Aで質問に答えるという形式です。
タカラヅカの魅力や見方、裏事情などをわかりやすく書いておられます。
私も舞台は観たことなくテレビで何度か観た程度。
ちょっと腰を据えて観てみたくなりましたね。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする