2020年09月14日

「磁極反転の日」伊与原新

CIMG3702.JPG

東京の夜空に真っ赤なオーロラが。
いったいなにが起こっているのか。
なんと地球のN極とS極が反転し始めているのです。
日々磁気が弱まっていくため遮られることのない宇宙線が降り注ぎ、人々は体にどのような影響があるのかと不安を募らせます。
携帯電話もつながらない事態が増え、電車の交通システムなどにも不具合が発生し始めます。
そして10月の東京に雪が降るような寒冷化。
そんな中、都内の病院から次々と妊婦が失踪しているという話も出始めて・・・・。
地球のN極とS極がひっくり返るという荒唐無稽な設定のSF小説です。
と思ったら荒唐無稽でもなんでもなく、実際過去に何度も磁極反転という現象は起こっているのですね。
初めて知りました。
そのようなことになったとき、我々人類はどのように反応し、対応するのか。
そして自然や人間の体にどのような影響を与えるのか。
この小説はもちろんフィクションですが、書かれていることについては実際に起きる可能性が指摘されていることと専門家でもある作者はあとがきに書いておられます。
磁気というのは空気と同じように普段意識することはないのですが、この地球上で生物が生きていくためには必須であるということも解説に書かれています
浅田柊という女性ライターを主人公にし、地磁気問題を追う中で妊婦失踪という事件にも出くわす。
SF小説パニック小説にミステリーの要素も加えられて、読者の興味を引っ張ります。
個人的には恋愛の要素を盛り込まなかったこともよかったですね。
こういうのって主人公の言動に最初は反発していた人物が登場して、しかし徐々にお互い理解して惹かれあってみたいな設定を盛り込みがちです。
そんなクサイ話がなかったのがいい。
パニック小説としてもこのような状況で怪しげな団体が登場するのはパターンではありますが、変なリーダーに洗脳される人たちがいたり妊婦を絡ませているのが庶民の弱みを上手く突いています。
妊婦はお腹の赤ちゃんのことを考えると理性よりも感情に走るかもしれない。
まあそんなこんなで、なるほどと思えるシミュレーション小説でもありますね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 09:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」吉永みち子

CIMG3701.JPG

陳建民
日本では中国料理の神様だの四川料理の父だのと呼ばれています。
しかしそれは決して大げさではなく、まだ日本人が中国料理がどんなものか知らなかった時代に日本において中国料理を広めることに大いに貢献しました。
四川省出身の建民が作るのはもちろん四川料理。
今でこそ麻婆豆腐を知らない日本人はいないと思いますが、当時は誰もそんなのを知りません。
建民が根付かせたのです。
エビチリもそうですね。
日本人に合うようにケチャップを使ってアレンジしました。
担担麺も本場では汁なしが普通ですがラーメン風に汁ありにアレンジし、現在の日本ではこれが当たり前になっています。
なので建民が日本の中国料理に与えた影響はあまりにも大きく、基礎を築いたとさえ言えます。
まさに神様であり父でしょう。
そのキャラクターは実にユニーク。
自由闊達、天真爛漫。
そんな建民を支えたのが洋子夫人です。
いやまあ、波乱万丈ですね。
よくもまあこのキャラに付いていったなと。
といってもしおらしく夫に従い、黙って尽くすような女性ではありません。
その逆。
チャキチャキのキャラでビシッと夫を締めておられます。
建民のやりたいようにさせてあげつつも。
それまで国や店を転々としていた風来坊の建民を日本に定着させ、成功に導いたのはまさに洋子夫人の尽力あってのことでしょう。
実に深い夫婦の結びつきが描かれています。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『よ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」町中華探検隊(北尾トロ・下関マグロ・竜超)

CIMG3700.JPG

最近「町中華」という言葉をよく聞きませんか?
その名のとおり町の中華屋さんです。
もちろん高級店ではなく大衆的な中華屋さん。
和食でいえば大衆食堂ですね。
飲み屋でいえば大衆酒場。
この「町中華」という言葉は誰が言い始めたのかはわかりませんが、私の中にもいつの間にやら存在していました。
おそらく誰がとかどこがとかではなく、イメージにぴったりした言葉としてあちこちで自然発生したものと思われます。
そんな町中華を探検して発掘し、記録していこうというのがこの本の著者である町中華探検隊です。
そしてこの人たちが「町中華」という言葉をメジャーにし、それらの店にスポットを当てたといえるでしょうね。
ただ大衆食堂と同じく、町中華はどんどんと衰退しています。
私の周りにもほとんど無いですね。
というか、私の行動範囲はかなり狭いですけども。(笑)
でもラーメン専門店はけっこうあります。
ラーメン屋は雨後の筍のごとく次々にオープンしていますが(そのぶん同じくらい閉店してますけど)、町中華は減る一方。
大衆食堂と同じく時代のニーズに合わなくなってきているといえばそうなのかもしれませんが。
そんな昭和を感じさせる町中華という食文化を記録するため行動しておられる町中華探検隊の皆さん、あっぱれ。
本の内容ですが、メインの3人のメンバーが執筆しておられます。
北尾トロ、下関マグロ、竜超の3人。
ただそれぞれの内容が時系列的に前後していたりダブッていたり、ちょっとややこしく散漫な印象です。
もう少し上手くリレーしていただければと。
でも紹介しておられる店はどこも実に味わい深い。
チェーン店や昨日今日の店では醸せない魅力があります。
しかし古き良き昭和がどんどん消えていきますね。
文化は昭和で終わり、平成からはそれまでの財産を消費して食いつぶし、文化とは呼べないような味気ないプラスチックな世界に突入している気がします。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

「男の銘柄」円地文子

CIMG3699.JPG

里枝は結婚して4年になります。
夫の志村は女子高の教師。
あまりうだつの上がらないタイプの男です。
だからというわけではないのですが、里枝はいろんな男と情事を重ねます。
中学の同級生だった富永、売れっ子の商業デザイナーの花輪、その弟子の小森。
志村に内緒で株をやっている里枝は、それらの男たちを株の銘柄になぞらえて評価しています。
夫は安定資産株、花輪は大型レジャー株、というふうに。
夫の志村もまた若い女に手を出し、その女に乗せられて株にも手を出します。
やがてその情事やら株やらがしっぺ返しのように2人にのしかかってきます・・・・。
男たちを株の銘柄に見立てている設定が面白いですね。
ぱっと見、地味で夫に尽くすタイプの里枝が実は魔性の女。
サドもマゾもこなします。
見た目が美人なだけという女性よりも、肌を合わせて忘れられないという女性のほうが男はのめり込むんですね。
これは女性にしても同じかも。
この作品は昭和36年に「週刊文春」に連載された作品だそうです。
当時としてはけっこう刺激的な内容だったんじゃないでしょうか。
これまでの円地作品と比べても性に関しての表現がかなり大胆です。
現代の概念と変わらないかもしれません。
「女坂」の耐えに耐えた主人公に比べ、この作品の里枝の奔放なことよ。
これもまた円地文学。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

「オタクの迷い道」岡田斗司夫

CIMG3698.JPG

「テレビブロス」に連載されたコラムを単行本化、そして文庫化したのがこの本です。
文庫だけの語り下ろし対談も2本追加。
内容はといいますと濃いというよりはマニアック。
オタクといえばマンガ・アニメを思い浮かべますが、この本の内容ももちろんそれらをベースにしつつ、コミケ、フィギュア、映画など多岐(?)に渡っています。
といってもその視線はあくまでオタク。
これ多分一般の人が読んでも途中で投げ出すんじゃないでしょうか。
コラムのテーマも行き当たりばったり的で思いのままに書いているという感じですしね。(笑)
でもまあそれが趣味を同じくする連中が集まった時の与太話的で面白くもあるのですが。
対談はパート1が唐沢俊一、パート2が宮脇修一。
唐沢氏は言わずと知れた・・・・えーっと、言わずと知れた・・・・肩書なんでしたっけ?
サブカルの評論家ということで。
宮脇氏は海洋堂というフィギュアなどの模型を製作する会社の専務(当時)。
そんなお二人との対談ですから、これまたやはりオタクな内容です。
オタクというのも言われ始めた当時は身なりも構わずいかにもという人たちでしたが、まあ今もそうなんですが、でもずいぶんと市民権を得ました。
コスプレの女性なんてアイドル並みの扱いだったりしますしね。
マンガ・アニメというジャンルに限らずオタクという言葉が他のジャンルにも使われるようになり、特定のジャンルに専門的な知識を持つ人として敬意を持たれたりもしています。
これはまあオタクという扱いがいろんなジャンルに広がり、濃度が薄まってきたのだと思います。
でもやはりオタクのコアはマンガ・アニメでしょう。
行くところに行けば昔ながらのオタクがまったく健在なのを確認できます。(笑)
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする