2020年09月10日

「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」町中華探検隊(北尾トロ・下関マグロ・竜超)

CIMG3700.JPG

最近「町中華」という言葉をよく聞きませんか?
その名のとおり町の中華屋さんです。
もちろん高級店ではなく大衆的な中華屋さん。
和食でいえば大衆食堂ですね。
飲み屋でいえば大衆酒場。
この「町中華」という言葉は誰が言い始めたのかはわかりませんが、私の中にもいつの間にやら存在していました。
おそらく誰がとかどこがとかではなく、イメージにぴったりした言葉としてあちこちで自然発生したものと思われます。
そんな町中華を探検して発掘し、記録していこうというのがこの本の著者である町中華探検隊です。
そしてこの人たちが「町中華」という言葉をメジャーにし、それらの店にスポットを当てたといえるでしょうね。
ただ大衆食堂と同じく、町中華はどんどんと衰退しています。
私の周りにもほとんど無いですね。
というか、私の行動範囲はかなり狭いですけども。(笑)
でもラーメン専門店はけっこうあります。
ラーメン屋は雨後の筍のごとく次々にオープンしていますが(そのぶん同じくらい閉店してますけど)、町中華は減る一方。
大衆食堂と同じく時代のニーズに合わなくなってきているといえばそうなのかもしれませんが。
そんな昭和を感じさせる町中華という食文化を記録するため行動しておられる町中華探検隊の皆さん、あっぱれ。
本の内容ですが、メインの3人のメンバーが執筆しておられます。
北尾トロ、下関マグロ、竜超の3人。
ただそれぞれの内容が時系列的に前後していたりダブッていたり、ちょっとややこしく散漫な印象です。
もう少し上手くリレーしていただければと。
でも紹介しておられる店はどこも実に味わい深い。
チェーン店や昨日今日の店では醸せない魅力があります。
しかし古き良き昭和がどんどん消えていきますね。
文化は昭和で終わり、平成からはそれまでの財産を消費して食いつぶし、文化とは呼べないような味気ないプラスチックな世界に突入している気がします。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする