2020年09月14日

「磁極反転の日」伊与原新

CIMG3702.JPG

東京の夜空に真っ赤なオーロラが。
いったいなにが起こっているのか。
なんと地球のN極とS極が反転し始めているのです。
日々磁気が弱まっていくため遮られることのない宇宙線が降り注ぎ、人々は体にどのような影響があるのかと不安を募らせます。
携帯電話もつながらない事態が増え、電車の交通システムなどにも不具合が発生し始めます。
そして10月の東京に雪が降るような寒冷化。
そんな中、都内の病院から次々と妊婦が失踪しているという話も出始めて・・・・。
地球のN極とS極がひっくり返るという荒唐無稽な設定のSF小説です。
と思ったら荒唐無稽でもなんでもなく、実際過去に何度も磁極反転という現象は起こっているのですね。
初めて知りました。
そのようなことになったとき、我々人類はどのように反応し、対応するのか。
そして自然や人間の体にどのような影響を与えるのか。
この小説はもちろんフィクションですが、書かれていることについては実際に起きる可能性が指摘されていることと専門家でもある作者はあとがきに書いておられます。
磁気というのは空気と同じように普段意識することはないのですが、この地球上で生物が生きていくためには必須であるということも解説に書かれています
浅田柊という女性ライターを主人公にし、地磁気問題を追う中で妊婦失踪という事件にも出くわす。
SF小説パニック小説にミステリーの要素も加えられて、読者の興味を引っ張ります。
個人的には恋愛の要素を盛り込まなかったこともよかったですね。
こういうのって主人公の言動に最初は反発していた人物が登場して、しかし徐々にお互い理解して惹かれあってみたいな設定を盛り込みがちです。
そんなクサイ話がなかったのがいい。
パニック小説としてもこのような状況で怪しげな団体が登場するのはパターンではありますが、変なリーダーに洗脳される人たちがいたり妊婦を絡ませているのが庶民の弱みを上手く突いています。
妊婦はお腹の赤ちゃんのことを考えると理性よりも感情に走るかもしれない。
まあそんなこんなで、なるほどと思えるシミュレーション小説でもありますね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 09:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする