2020年09月27日

「ゴーマニズム戦歴」小林よしのり

CIMG3706.JPG

1992年、「ゴーマニズム宣言」という漫画で言論界に切り込んだ小林よしのり。
皇室、差別問題、オウム真理教事件、薬害エイズ問題、従軍慰安婦問題、戦争論、天皇論・・・・。
片っ端から斬り込んでこられましたね。
漫画家という立場で、そして漫画というジャンルで、このような活動ができるのだと、ある意味新しいジャンルを開拓されました。
大学教授だの評論家だのいう人たちの書いた硬い本なんか手に取らない人たちも、漫画なら読みます。
「世界」(岩波書店)、「中央公論」(中央公論新社)、「正論」(産業経済新聞社)、「諸君!」(文藝春秋 すでに廃刊)などなど、こんな雑誌を購読している人なんて周りで見たことない。(笑)
でも「SPA」や「SAPIO」に連載されている漫画ならかなりの人が読む。
というわけで俄然注目を浴び、若い人たちをも引き寄せたんですね。
もちろん氏の意見には賛否両論あります。
あって当然です。
ただ私はかなりの部分で賛同できます。
特に日本人の自虐史観については、これはよくぞ描いてくださったと。
なんで日本人ってこんなに自分の国の歴史や文化を自虐するんでしょうか。
謙虚や謙遜は日本の美徳ですが、それと自虐はまったく違います。
国歌を否定する。
国旗を否定する。
こんなアホな国世界中探しても日本だけですよ。
国の歌、国の旗に敬意を表するどころか否定するなんて。
以前に式典で「君が代」を歌うのはけしからんと主張した団体がありまして、じゃあどうするのかといえば「ハレルヤ」にしろと。
もうアホかと。(笑)
なんで日本の式典で外国の歌を歌わにゃならん。
つーか、「君が代」の意味、「ハレルヤ」の意味を知っているなら絶対にこんなバカな発想は出てこないはずなんですが。
こういう連中はなにがなんでも否定ありきなんでしょうね。
従軍慰安婦問題にしても日本はなんら卑屈になる必要はないんです。
そういうことをきっちりと主張しておられるのは私にとっては実に心地よい。
もちろん異議も多数あるでしょうから、いつまでたっても落ち着かないでしょうけどね。
しかし著者の小林よしのり、デビュー作の「東大一直線」を描いておられた頃からは想像もつかない漫画家になられましたね。
いまや日本に物申す論客です。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする