2020年09月29日

9月の一冊

今月の読書は11冊。
いつもより少なめでした。

・「うまい! 酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場」黒川勇人
・「大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む」荒木康代
・「オタクの迷い道」岡田斗司夫
・「男の銘柄」円地文子
・「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」町中華探検隊(北尾トロ・下関マグロ・竜超)
・「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」吉永みち子
・「磁極反転の日」伊与原新
・「製鉄天使」桜庭一樹
・「名画は嘘をつく」木村泰司
・「喧嘩猿」木内一裕
・「ゴーマニズム戦歴」小林よしのり

「うまい! 酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場」、かなり豊富な種類が出回っている缶詰。
それらの紹介と、ちょっとひと手間加えたレシピの本。
「大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む」、ごりょんさんなんて今は死語ですねぇ。
これを読んだ影響かどうか、懐かしく「あっちこっち丁稚」の動画なんて見てしまいました。(笑)
「オタクの迷い道」、オタキングの書いたまさにオタクな内容の本。
でもいまやオタクも立派なスペシャリストですよ。(?)
「男の銘柄」、男たちを株の銘柄になぞらえて評価する女。
円地作品としてはややエロチックな内容。
「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」、いわゆるごく普通の昔ながらの中華屋さんを食べ歩き評価しようと。
いまや大衆食堂と同じく絶滅に向かっています。
「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」、料理人・陳建民の奥様、洋子夫人にスポットを当てたノンフィクション。
あの名料理人の活躍は洋子夫人のサポートあってこそだったんだなぁと。
「磁極反転の日」、久々にSF小説を読みましたかね。
作者のきっちりとした知識に裏付けされたリアリティのある小説でした。
「製鉄天使」、主人公のキャラがやはりいいですね。
ただそれに合わせた文体にちょっとイタさも感じましたけど。
「名画は嘘をつく」、数々の名画にまつわるエピソードの紹介。
この絵、こういうふうに思われてるけど実はこうなんですよと。
「喧嘩猿」、この作者が時代小説に手を出すとは。
相当下調べして書かれたんだろうなとひしひし思いました。
「ゴーマニズム戦歴」、「ゴーマニズム宣言」の作者によるタイトル通り戦歴ですね。
自著の解説でもあり裏話でもあり思想の主張でもあり。

えー、今月の一冊を選ぶということで。
そうですね、「ゴーマニズム戦歴」で。
作者の思想についてどうこうはともかくとしまして、張ってるなぁという姿勢には共感しましたし。
オウム真理教に暗殺されかけたなんてとんでもない経験も、言論家としては凄味といえましょう。(笑)
いや、命のかかった話に「(笑)」なんて書いちゃいけないんですけども。
それだけあの団体をビビらせ焦らせたんですから。
今月の一冊はこれでいきます。

CIMG3706.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする