2020年11月13日

「誰もいない夜に咲く」桜木紫乃

CIMG3729.JPG

7編収録の短編集。
日本海のそばにある小さな町で親から受け継いだ牧場を経営する秀一。
農業研修という名目でやってきた中国人娘たちの一人、5歳年下の花海と結婚します。
秀一は30歳になるまで女を抱いたことがありませんでした。
言葉の通じない花海に寄せる秀一の思い、そして花海の思いとは・・・・。(波に咲く)
口では大きなことを言いながらまともに働きもしない男を体を売って食わせてやっている千鶴。
しかしマグロというあだ名で評判が悪い。
そんな千鶴のどこが気に入っているのか、週に一度必ず指名する加藤という男が唯一の常連です。
加藤は水産会社を経営しているとのことですが、見た目もパッとせず気の小さそうな雰囲気からはあまりそのようには見えず、しかし毎週3万円で千鶴を買う金があるのだからまるきりの嘘ではないのかもしれません。
店にピンハネされるくらいならと専属契約さえ持ちかけてきます。
後日、千鶴が見た加藤の本当の姿とは・・・・。(海へ)
この作者の作品は何冊か読んでいますが、どれも暗いですね。
北海道生まれで現在も在住ということで、その北海道の明暗でいえば暗の部分を舞台にして書いておられる印象です。
本書もやはりどんよりとした曇天のような重さがあります。
そんな中での女性の強さ、したたかさ、哀しさ。
ストリッパーを取材するライターの話、「フィナーレ」の志おりという女性もよかった。
どれもロマンチックな要素などありませんが、じんわりと染み入るものがあります。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする