2021年01月31日

1月の一冊

今月の読書はわずか7冊(上下巻含む)。
ガ~ン!
なんでこのようなことに。
今まで毎月10冊以上はずっと読み続けていたのですが。
先月から読むのに時間のかかる本を立て続けに読んでいたというのもあるんですけどね。
でもやはり最低月10冊は読みませんと。
そんな少ない中から今月の一冊を。

・「夫婦で読むセックスの本」堀口貞夫・堀口雅子
・「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」佐藤正明
・「ちょっと幸せ 私だけ?の“小さなハッピー”探し ~たべもの編~」仙道洋平
・「鳩の撃退法(上・下)」佐藤正午
・「ミーツ・ガール」朝香式
・「窓際OL 親と上司は選べない」斎藤由香

「夫婦で読むセックスの本」、夫婦のセックスレスについての本ですが、これは未婚者にも当てはまることなのでは。
セックスに興味のない若者が増えているという説もありますが、もしかして自然の流れじゃないですかね?
「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」、VHS vs ベータの開発とシェア争いのドキュメンタリー。
今の10代20代の人にとっては、なにそれ的な話でしょうけど。
「ちょっと幸せ 私だけ?の“小さなハッピー”探し ~たべもの編~」、タイトル通り「ちょっと幸せ」感のあるアイテムを紹介。
そうそう、あるある、と楽しめながら読める一冊です。
「鳩の撃退法(上・下)」、佐藤正午の魅力がたっぷりと詰まっていますね。
ただ私はラストの収束感に不満が残りました。
「ミーツ・ガール」、表題作(ではないのですが)の第1話から連作を拡げようとしたものの、無理があったなというのが私の印象です。
第一話の呪縛に囚われ過ぎましたね。
「窓際OL 親と上司は選べない」、窓際OLのお気楽なお仕事エッセイという体ですが、さすがに100%真に受けられませんよ。
でもどうやら本当のようで?

さて、今回は少ない中からの選定です。
「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」、これでいきましょうか。
とてもスリリングであり、すべてのことを度外視してVHSの普及に懸けた男の生きざま。
これはすごい。
ということで今月の一冊は「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」です。

CIMG3749.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする