2021年02月04日

「後宮小説」酒見賢一

CIMG3759.JPG

帝王が急逝し、定めにより後宮が解散させられます。
そして跡を継ぐ若干17歳の皇太子のため、新しい後宮作りがなされます。
田舎者の銀河という娘が後宮入りすることになるのですが。
世間を知らないので恐れ知らずの粗野な娘です。
ですが半年の教育を受け、数多い宮女の中から正妃として選ばれたのがなんと銀河。
さすがの銀河もちょっとビビリます。
なぜ私が。
しばらくして反乱軍が宮廷を攻めてきます。
しかし宮廷の軍はだらしなく逃亡。
銀河が宮女を集め、後宮軍隊を組織して立ち向かいます・・・・。
中国(と思われる国)を舞台にした小説です。
最初は大丈夫かなと読み始めたんですよね。
だって中国の小説なんて人名や地名の読み方が覚えられないから。(笑)
でもまったく読みにくさはありませんでした。
そして作者が読者に語りかけている的な手法のせいもあって、堅苦しくなくさくさくと読めました。
ざっくりいえば田舎娘が大奥で殿様のお手付きになり(本作では手は付けられていませんが)、正室になったということです。
この田舎娘銀河のキャラがいいんですよね。
ただ後宮を守るため後宮軍隊を組織した銀河をもっと読みたかった。
いや、正妃となってからの銀河も。
これはファンタジーノベル大賞の第1回受賞作。
つまり枚数に制限のある応募作ですので、そこまで深くは書ききれないでしょう。
ただそうでなければもっと枚数を割いて掘り込めたのではないかと思いました。
作者の考えはわかりませんが。
私は枚数増えてもそのあたりを厚くしてほしいという気がしましたね。
読んでいてずっとワクワクしていたのですが、最後はちょっと尻すぼみな感がありました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする