2006年02月19日

「酒のほそ道(五)」ラズウェル細木

Cimg0195_2 

シリーズですので特に(四)と比べてどうこうといった感想の違いはありません。

マンガの合間にコラムが挟んでありまして、作者の主張であったり取材の裏話であったり。

マンガを読んだあとにその裏話を読むと、「ああ、ちゃっかりとネタにしておられるな」と思います。

酒飲みにとってはとても楽しめる作品。

やはり酒をちびちびやりながら読みたいですね。

ラベル:グルメ漫画
posted by たろちゃん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ら』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック