2006年06月06日

「Y」佐藤正午

タイトルのYというのは分岐点を表しています。
人生の分岐点。
もし過去のあの時、違う行動を取っていたら・・・・。
主人公にかかってきた北川健と名乗る男からの1本の電話。
そしてその代理人から渡されたフロッピーディスク。
そこには過去に戻って人生をやり直したという奇妙な記述が。
2本の人生が重なって語られていくのでちょっと頭が混乱しますが、ぐいぐいとストーリーに引き込まれました。
SF仕立ての恋愛小説。
北川の女性に対しての純粋な責任感が心を打ちます。
いや、恋愛よりも主人公と北川健の友情のストーリーという読み方もできます。
電車の中で北川健が主人公の腕をつかむ瞬間。
ぐっときましたねぇ。
読み応えのある小説でした。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック