2007年03月23日

「家族シネマ」柳美里

以前に「フルハウス」も読んだのですが、この作者の小説というのはどうも夢を見ているようなシュールな世界ですね。
そんな世界の中で、家族のつながりやいじめ(人種差別による?)などをシビアに、滑稽に描いていると思います。
この短編集に収められている「潮合い」のいじめられるの転校生の姓が安田というのも作者の意図によるものでしょう。
まだまだ他の作品も読みたいです。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック