2007年05月01日

「あじさい日記」渡辺淳一

まだ本として発売はされていません。
産経新聞の連載小説で、先日完結しました。
主人公は開業医。
受付の若い女性を愛人にしています。
それに感づいた夫人が夫の様子や感情を日記に綴り、それをまた夫が盗み読むというパターンで話が進みます。
内容はどうということもありません。
ラストもなんですか、こりゃ。
お粗末なのは日記のリアリティー。
「」でセリフまで入れてあれほど長々と日記を書くなんてあり得ません。
また文体が日記とナレーションでまったく同じ。
それくらい書き分ける芸が欲しいものです。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック