2007年06月09日

文藝2007夏

Cimg0318

柳美里の特集なので購入してみました。

といっても柳氏の作品はまだ「フルハウス」「家族シネマ」の2冊しか読んでいないのですが。

気になる作家なので今後も読み続けるつもりです。

資料として手元に置いておくべきだと思いました。

解説されているような深い意味を読みとるような読解力はありませんが。

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック