2008年06月25日

「床下仙人」原宏一

なんともユニークな短編集です。
表題作は、購入したマイホームに誰かが住み着いているという内容です。
仙人のような風貌をし、床下に住居を作って住み着いているその男の正体とは。
仕事に追いまくられ、家庭を省みないサラリーマンの悲哀が描かれています。
その他の作品にしても、現代社会をシニカルに捉えています。
軽めの文体で面白く読めました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック