2009年04月13日

「別れの曲」芝木好子

Cimg0066

芝木好子、好きな作家です。

といってもこれでまだ3冊目なんですけどね。(笑)

最初に読んだのが「雪舞い」

名前も知らずなんとなく興味を持って購入してみたのですが、これに魅せられたといいますか読まされたといいますか。

これはぜひ他の作品も読んでいきたい作家だと。

さて、この「別れの曲」は短編集です。

表題作は妻、夫、その愛人の三人の視点で書かれた作品です。

それぞれの視点から描くことにより、当人にしかわからない立場や心理を浮かび上がらせています。

反安保運動の男子学生を取り上げた作品などもありますが、やはりこの作者は女性を主人公にし、最初に収められている「蝶の道行」のように舞踊などを扱った世界を描くのがいちばん筆が冴えるのではないでしょうか。

次はどの作品を読もうかと楽しみです。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 18:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もつい最近になって読みました。
芝木作品はこれが初めて。

率直に言うなら、いい意味で期待を裏切られた作品です。
年配の方に短編でのお勧めとして貸して頂いたんですが、
お恥ずかしながらそれまでは芝木さんのお名前も
全く知らず(汗)。故に全く期待も先入観も無く。
現代の所謂売れてる本とは明らかに違う「品」みたいなものが
そこはかとなく匂う、そんなような印象でした。
たろちゃんさんもおっしゃっているように、芝木さんは
女性主人公の方が良いような気が致します。

最後になりましたが、この作品を検索していてこちらに
行き着きました。最近、乱読中の私としては
ものすごく参考になる!(笑)
これからもちょくちょくチェックさせて頂きたいです。
Posted by yuki at 2011年06月10日 14:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック