2009年07月15日

「あらゆる場所に花束が・・・・・・」中原昌也

Cimg0038

なんともまあ支離滅裂な小説です。(笑)

ストーリーらしきものはありませんし、言動は意味不明、登場人物の人間関係もさっぱりわかりません。

この小説にそんなものを求めてもしょうがないんでしょうね。

しかしその場その場で笑える表現も多々ありますし、そういう楽しみ方をするしかないのかなと。

文学的価値があるとはとうてい思えませんが。(笑)

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック