2009年08月18日

「失踪日記」吾妻ひでお

Cimg0078

漫画家、吾妻ひでお。

30年くらい前はけっこう売れっ子の漫画家でした。

「ふたりと5人」、「チョッキン」、「ちびママちゃん」なんてリアルタイムで読んでましたねぇ。

「ななこSOS」なんてアニメにもなりましたし。

第一線というわけではありませんでしたが、マニアなファンに支持されていました。

いつの間にやら一線を退いたと思っていたら、失踪してホームレスな生活などしておられたんですね。

そしてアル中になり入院。

そんないきさつをマンガにしたのがこの本です。

悲惨な内容のはずですが、それをユーモラスに描いておられます。

絵柄はいまだに古臭さを感じさせませんね。

女の子のキャラなどじゅうぶん魅力的。

きっちりと4段に割ったコマ割りに平坦な構図で描かれた絵も、淡々とした日記として効果的です。

もうちょっと突っ込んで描いて欲しいという気もしましたが・・。

”あじましでお”健在なり。(笑)

posted by たろちゃん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(2) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

我がマンガの原点
Excerpt: 吾妻ひでお[E:sign01] である。マンガを描くものは誰もが何かしらのマン
Weblog: 「いい」加減でいこう USO800
Tracked: 2009-08-22 07:36

失踪日記 アル中病棟  作画/吾妻ひでお  イースト・プレス
Excerpt: 【紹介文】 失踪日記:「全部実話です(笑)」突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働、アルコール中毒・強制入院まで。著者自身が体験した波乱万丈の日々を著者自身が綴った、今だから笑える赤裸々なノン..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2015-09-05 01:44