2009年10月31日

「ヌルイコイ」井上荒野

Cimg0474

売れない童話作家のなつ恵。

芸能マネージャーの夫とはすれ違いの生活で、同業で大御所の作家と不倫しています。

マンションの給湯設備が故障し銭湯に通うようになるのですが、その銭湯の前で「鳩」という青年と出会い、物語が動き始めます。

医者から死の病を宣告され、夫や不倫相手ともどこか投げやりになり、「鳩」に惹かれていくなつ恵。

銭湯のぬるま湯につかりつつ得体の知れない老婆と出会うあたりタイトルに通じるものがありますし、この作者の醸し出す作風そのものがヌルイ雰囲気であるともいえますね。

恋愛小説ではあるのですが、ドラマチックな熱愛があるわけでもないアンニュイな世界。

どことなく綱渡り的な不安定さを感じさせるのはやはり井上荒野の小説です。

読ませていただきました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック