2009年11月16日

「田中康夫が訊く どう食べるか どう楽しむか」田中康夫

Cimg0568

「いまどき真っ当な料理店」で辛口な飲食店評論を展開したことからもわかるように、食べることについては一家言お持ちの田中康夫氏。

そんな田中氏の著作ですが、これは評論ではなく各ジャンルの飲食店に教えを請うという内容です。

サブタイトルにもあるように「どう食べるか、どう楽しむか」。

例えば「一流の寿司屋のカウンターで粋に美味しく食べるにはどうするか」(銀座・寿司幸本店)

「おでんは何から食べれば美味しいか、どう食べるのが粋なのか」(浅草・大多福)

「フランス料理の美味しい季節、何を注文するのが賢いのか」(銀座・オストラル)

「地方色を知った上での中国料理、どこまで注文上手になれるか」(六本木・御膳房)

「日本旅館をホテルと同じように使いこなすにはどうしたらいいのか」(京都・俵屋旅館)

などなど。

田中氏が初心者的な質問をし、店側がそれに答えるという形式。

なるほどいろいろと勉強になりますが、やや茶番劇的な印象がなきにしもあらず。

掲載誌がスノッブな「BRIO」ですからね。

ま、勉強したところで私に縁のない店であるのは確かです。(笑)

読み物としては楽しめました。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック