2009年11月21日

「アッシュベイビー」金原ひとみ

Cimg0591

デビュー作「蛇にピアス」に続いての2作目です。

主人公のアヤは22歳のキャバクラ嬢。

ホクトという大学時代の男友達と同居しています。

そのホクトの友人である村野にアヤは惹かれるのですが、まともに相手にされず、そのわりには籍を入れてもらったりしてなんだかよくわからない関係になります。

あげくの果てにアヤは職場の女に腹を刺されるし、ホクトはどこからか連れて来た赤ちゃんに無理やり性的行為を行うし。

冒頭からいきなり小学生をガキと表現して中指を立ててみたり、殺意がどうのこうの。

そして相変らずチンコだのマンコだのの羅列。

いやはや・・・・。

なんでこんな作者が芥川賞作家なんだか・・。

他の候補者は納得いかないでしょうし、なにより芥川龍之介があの世で嘆いていることでしょう。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック