2010年05月18日

「大衆食堂へ行こう」安西水丸

Cimg1111

著者はイラストレーターの安西水丸氏です。

タイトルからわかるように大衆食堂(すべて東京ですが)を食べ歩き、紹介しておられます。

いいですねぇ、大衆食堂。

私も大好きです。

手頃な値段でがっつりと実質本位に。

やはり昼めしはこういう店がいちばんいい。

すべて店の外観や食べた物のイラストが扉で紹介されているのですが、どうも氏のイラストではそれらの雰囲気が把握できません。(笑)

こういうのはもうちょっとリアリズムが欲しいといったら野暮ですかね。

文章の内容も3分の2ほどが著者の思い出やその土地の名称の由来など。

それはそれで面白く読めるのですが、やはり主旨からすればもうちょっと店や食べ物の紹介に特化してほしいところ。

いまいち消化不良でしっくりときませんでした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック