2011年01月31日

1月の一冊

今月は8冊。

ちょっと少なかったですね。

最低10冊は読みたいと思っているのですが。

「妖」円地文子
「アマゾンのワニドナウの鯉 -世界まんぷく紀行-」服部公一
「押し出せ青春」須藤靖貴
「ナニワ女の商いの道 商売なめたらあかんで」平川好子
「不機嫌な果実」林真理子
「たかがカレーというなカレー」究極グルメ軒・編
「寿司屋のかみさんと総理大臣 内緒の話」佐川芳枝
「蒼龍」山本一力

「妖」円地文子は短編集。

昭和三十年代に書かれたものですが、古臭さは感じませんでした。

女性の『性』を強く意識した内容です。

「押し出せ青春」須藤靖貴、珍しく大相撲を扱った青春小説。

楽しく読めました。

著者からコメントをいただいてびっくり。(笑)

「不機嫌な果実」林真理子、やはりこういう女の本音を書かせると上手いですね。

唯川恵よりももっとエグイ感じ。

この作家の作品は何冊か読んでますけど、今のところハズレはないような・・・・。

「蒼龍」山本一力、短編集。

どれも粒揃いです。

人情と男気を感じさせます。

やはり今月の一冊はダントツでこれですね。

「蒼龍」山本一力

Cimg1609_3

posted by たろちゃん at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック