2011年02月28日

2月の一冊

先月に引き続き今月も8冊でした。

う~ん、いかんなぁ。(笑)

ま、他のことに色々と気を取られてるからなんですけどね。

さて、今月は以下の8冊。

「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
「ニッポン居酒屋放浪記 望郷篇」太田和彦
「長崎ぶらぶら節」なかにし礼
「タケノコの丸かじり」東海林さだお
「渡辺文雄のくいしん坊旅行」渡辺文雄
「真鶴」川上弘美
「弁天山美家古 これが江戸前寿司」内田正
「さまよう刃」東野圭吾

「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん、直木賞受賞作としてはちょっと軽いかなという印象がありましたが、まずまず楽しめた作品です。

「ニッポン居酒屋放浪記 望郷篇」太田和彦、ぜひ取材の経費ではなく自腹のお金と時間で飲み歩いてください。(笑)

「長崎ぶらぶら節」なかにし礼、明治から昭和にかけて生きた芸者の物語。

けなげで純粋に生き抜いた愛八に心を打たれました。

「渡辺文雄のくいしん坊旅行」渡辺文雄、いやみのない内容で楽しく味わい深く読めました。

「真鶴」川上弘美、現実か非現実か、正常か異常か。

そんな境界線をゆらりゆらりとまたぐような小説。

「さまよう刃」東野圭吾、少年犯罪の裁き方に対して疑問を投げかけた作品。

500ページ弱のボリュームもなんのその、エンターテイメント小説の醍醐味を味わいました。

この中から今月の1冊となりますと・・・・。

やはりじっくりと一人の女性の生涯を読ませてくれた「長崎ぶらぶら節」なかにし礼になるでしょうか。

今月はこれで。

Cimg1619

posted by たろちゃん at 10:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
「まほろ駅前多田便利軒」は確かに受賞したときびっくりしました。
話しは面白かったので私は好きですけどね。
映画化も発表されているので、そちらも楽しみです。
Posted by かずみ at 2011年03月02日 22:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック