2011年05月21日

「少年たちの終わらない夜」鷺沢萠

Cimg1681

4編が収められた短編集。

どれも少年というのでしょうか、二十歳前の若者を主人公に据えています。

はっきりいいまして、読んでいて非常に恥ずかしい小説です。

タイトルを見ましても表題作の他、「誰かアイダを探して」、「ユーロビートじゃ踊れない」、「ティーンエイジ・サマー」。

う~ん、時代を感じさせるタイトルですねぇ。

どの作品も具体的な地名は書かれていませんが、舞台は横浜でしょう。

そして若者たちは飲み屋に群がるんですね。

飲み屋といってももちろん赤提灯ではありません。(笑)

この時代ですからカフェバーやディスコといった類の店になりますか。

登場人物の名前にも店の常連で本名はわからず「CJ」と呼ばれてるのがいたり「ニック」と呼ばれているのがいたり。

日本人ですよ。

そんなのいないでしょ普通。(笑)

赤面する設定ですよね。

フィクションとはいえ、そういうのが違和感なく受け入れられた時代もあったのです。

それがカッコイイ、オシャレだと。

アメリカングラフィティーに憧れているような、そんなコテコテな設定の短編集であります。

どの作品にも共通しているのは、大人になる前の若者の刹那感や焦燥感です。

ほんとにどいつもこいつも将来のことなど何も考えていない。

いや、考えているんだけど頭が及ばない。

刹那的に今を生きているだけです。

だけども本能的に焦りを感じている。

そのような“瞬間”を切り取って瑞々しく(当時としては)描いてみせたのがこの作品集でしょう。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック