2011年07月13日

「先達の御意見」酒井順子

Cimg1744

「負け犬の遠吠え」がベストセラーとなり、物議を醸した酒井順子氏。

そんな著者と錚々たる顔ぶれの対談集です。

阿川佐和子氏瀬戸内寂聴氏林真理子氏などなど・・・・。

先頭バッターが阿川氏というのがいかにもですね。(笑)

さすがにどのゲストも余裕を持って「負け犬の遠吠え」を評価しておられます。

そう、負け犬も勝ち犬も、得な部分もあれば損な部分もあるわけです。

負け犬を自称しつつも、著者はそれを楽しんでおられるというのは明らか。

「負け犬勝ち犬」という表現にはまだユーモアがあります。

誰が言い始めたのか、「負け組勝ち組」という言葉にはそれがありません。

それらを混同している人がいるという指摘がこの本の中にありましたけども。

おそらくそのニュアンスのわからない人たちは真剣に腹を立てたでしょうね。(笑)

posted by たろちゃん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック