2011年07月30日

7月の一冊

今月は13冊。

まずまずのペースでした。
   
・「魚河岸ものがたり」森田誠吾
・「お好み焼き繁盛店「鶴橋風月」成功のキーワード100」市川徹・橘恭輔
・「夜の朝顔」豊島ミホ
・「名探偵浅見光彦の食いしん坊紀行」内田康夫
・「グラスホッパー」伊坂幸太郎
・「先達の御意見」酒井順子
・「風味絶佳」山田詠美
・「武装酒場」樋口明雄
・「手塚先生、締め切り過ぎてます!」福元一義
・「世界を食べ歩く」豊田穣
・「あなたには帰る家がある」山本文緒
・「忌中」車谷長吉
・「寝ても覚めても本の虫」児玉清

「魚河岸ものがたり」、築地を舞台にした人情がよかったです。

ラストの謎解きっぽいのはなくていいかも。

「お好み焼き繁盛店「鶴橋風月」成功のキーワード100」、写真入りで読みやすかった。

ビジネス書になるのでしょうが、グルメ本としての読み物にもなります。

「夜の朝顔」、ノスタルジックでほのぼのとした雰囲気の小説です。

でも小学生を一人称で書くのはちょっと無理がありますかね。

「名探偵浅見光彦の食いしん坊紀行」、カラー写真がふんだんに使われており楽しめました。

ガイド本にもなるでしょう。

「グラスホッパー」、さすがに伊坂幸太郎。

スピード感のある展開とユーモラスなやりとり、ラストに向かっての収束感。

楽しめました。

「先達の御意見」、「負け犬の遠吠え」についてのやりとりです。

さすがに先達、それぞれ面白いご意見をお持ちでした。

「風味絶佳」、いろんな仕事の労働者を取り上げているあたり、山田詠美だなという気がします。

いろんな人生ありということです。

「武装酒場」、スラプステッィクです。

でもどうせならもっと派手にバカバカしくやってほしかった。

「手塚先生、締め切り過ぎてます!」、漫画の神様、手塚治虫を知ることのできる貴重な一冊。

著者は長年手塚氏に付き添ったアシスタントです。

「世界を食べ歩く」、まさしく世界各地の食べ歩き。

ありきたりの国だけでなく、シルクロードやアフリカまで網羅しておられます。

「あなたには帰る家がある」、女性の家庭や社会での立場を考えさせられると同時に、恋愛の狂気(この場合は女性)も描かれています。

狂気といえばこの作者には「恋愛中毒」という作品もありましたね。

「忌中」、どれも山あり谷ありの物語ではありません。

それがどうしたといえばそれまでの話なのですが、それを引き込んで読ませるのがこの作者の引力。

重力というべきか。

「寝ても覚めても本の虫」、海外小説がお好きで、日本での翻訳が待ち切れず原書で読むほどだった児玉氏。

そんな氏の本好きがしっかりと伝わる一冊です。

さて、今月の一冊ですが。

本好きとしてはやはり「寝ても覚めても本の虫」が面白かったですね。

久しぶりに翻訳物も読んでみようかという気になりましたし。

追悼の気持ちも込めまして、「寝ても覚めても本の虫」児玉清ということで。

Cimg1756

posted by たろちゃん at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック