2011年08月18日

「活字三昧」目黒考二

Cimg1771

著者は書評家であり、椎名誠氏と共に「本の雑誌」を立ち上げた編集者でもあります。

私などは北上次郎のペンネームのほうが馴染みありますけど。

西村寿行を高く評価していらっしゃいましたしね。

この本の内容ですが、まさしく活字三昧。

ではありますが、著者もあとがきで書いておられますように、「全体の構成がバランスを欠いていることも否めない」のも確か。

椎名誠氏との探検隊内幕については、主旨とはちょっと違うだろと思います。

しかしそれも読書好きには楽しい話です。

作家とのプライベートなエピソードなんて、私はけっこう好きですけどね。

月に何十冊も本を読む著者のスケジュールなんかも紹介されていたりして、ほほうと感心してみたり。

古本屋めぐりの話なんて、まさしく自分にも当てはまったり。

まずまず楽しめました。

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『め』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック