2012年01月28日

「魯山人味道」北大路魯山人 平野雅章編

Cimg1863

北大路魯山人。

陶芸家であり、書道家であり、篆刻家であり、料理家であり・・・・。

多才な芸術家であったようです。

中でも人生をかけてひたすら追い求めたのが美食。

自身で「美食倶楽部」、「星岡茶寮」といった料亭も手がけておられました。

そんな美食家魯山人が食について語っているのがこの本です。

かなり上から目線で語っておられる部分も多々ありますが、それがこの人物のキャラクターでありましょう。

かの有名な「トゥール・ダルジャン」で鴨を醤油と粉わさびで食べたというエピソードも書かれています。

しかしそのような傲慢な性格ゆえ世間からはずいぶんと冷遇されたようですが、死後になって天才として再評価されました。

亡くなってから評価が高まるというのは世の常ですね。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック