2012年02月29日

2月の一冊

今月の読書は13冊。

月10冊を目標にしている私にとってはまずまずです。
   
「プリンセス・トヨトミ」万城目学
「くだもの栄養学」川島四郎
「スモールトーク」絲山秋子 
「それゆけ太平」山上龍彦
「阪急電車」有川浩
「文学的商品学」斎藤美奈子
「男の手料理」池田満寿夫
「青い山脈」石坂洋次郎
「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」金原瑞人
「しかたのない水」井上荒野
「納豆大全 愛すべき伝統食品の謎を解く」町田忍
「邂逅の森」熊谷達也
「ぶらり「快」的うまい旅」阿藤快

「プリンセス・トヨトミ」、面白かった。

私の地元大阪を舞台にしているせいもあって、これは楽しく読めました。

1級のエンターテイメントだと思います。

「くだもの栄養学」、今まで読んできた著作に比べ、ちょっと物足りなかったか。

「スモールトーク」、車オタクな作者の面目躍如な小説。

絲山氏らしいとぼけた雰囲気がよかったです。

「それゆけ太平」、うーん、木に例えると幹が細い。

枝葉は茂ってるんですけどね。

「阪急電車」、いいですね、心が癒されます。

ちょっと苦笑も交えますが、ツボを突いていると思います。

女性読者には受けがいいでしょうね。

「文学的商品学」、相変わらず切り口がいい。

ですがいつもの爽快感がなかったように感じました。

「男の手料理」、どんぶりめしに目玉焼きを乗っけてコロンブスの卵丼。

なにも申しません。(笑)

「青い山脈」、映画も大ヒットした名作。

清々しい小説でした。

こういうのを読むと現代の男女関係を描いた小説が重く思えてしまいます。

でも時代によりますからね。

「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」、これ面白かったなぁ。

英語を勉強しておられる人にお勧めしたいですね。

たまたまこのあと読んだ井上荒野の「しかたのない水」がこの人の解説だったりして。

その「しかたのない水」、うんうん、井上荒野の世界です。

私はこの作者の作品に静かな怖さを感じるのですが、どうでしょう。

「納豆大全 愛すべき伝統食品の謎を解く」、納豆万歳です。

私は納豆大好き。

日本人が誇るべき優れた食品の納豆をいろんな視点から分析しておられます。

皆さん、もっと納豆を食べましょうよ。(笑)

「邂逅の森」、いやもう圧巻でした。

じゅっくりと小説を味わいましたですよ。

「ぶらり「快」的うまい旅」 、著者の阿藤快さんの経験とお人柄を知ることができた一冊でした。

さてさて今月の一冊なのですが。

こりゃもう「プリンセス・トヨトミ」で決まりだと思っていたんです。

私にとってはそれくらい良かった。

直木賞の選評を見ましたら、どうせならもっと風呂敷を拡げろみたいな評価です。

私にしてみればこれくらいでちょうどいいんですがね。

ですが、「邂逅の森」を読んでしまった。

これはもう・・・・。

この圧巻の内容はダントツで今月の一冊に値します。

Cimg1879_2

posted by たろちゃん at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック