2012年04月13日

「グルメの嘘」友里征耶

Cimg1905

飲食店を評価するライターはたくさんいますけども、どうもいいことしか書かない人が多い。

そのいいことというのもまるで店の回し者かという内容だったりします。

ほとんど宣伝マンのようなものですね。

店や飲食業界と癒着してメシを食っているライターが多いということです。

そんな人たちの情報を真に受けて店に行くとえらい目にあったりします。

著者はそのような現状に憤慨し、あくまで一般客としての立場で飲食店を覆面評価しようとデビュー。

なかなか辛口で痛快な評価をしておられます。

それゆえに敵も多いわけですが。(笑)

しかし書いておられることは真っ当です。

なので痛いところを突かれた業界の人たちは目の敵にするわけですね。

また素人からの反発も多々あるようです。

物言いが偉そうに感じるのでしょうか。

「おまえごときがなにを」といったところでしょう。

一種の近親憎悪ですかね。

もちろん的外れな評価もあるでしょうし、好みの違いや見解の違いというのもありましょう。

お気に入りの店を批判されたらいい気持ちはしないでしょうし。

私は「もっとやれやれ!」なんて楽しみながら氏の言動を見ていますけども。

某料理評論家と店の癒着批判や、某料理学校家元の経歴詐称問題、某女性フードライターの訪問件数自慢などへの噛みつきはなかなか楽しいものがありました。(笑)

ま、そんなことでいちいち大騒ぎしなくてもな感はありますが、こういう人もいなくてはだめでしょう。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 『と』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
評価の正確性は測れるものではないので言うことはないですが、彼のブログを見たことがありますか?あれをみて「痛快」「こういう人も必要」と言うなら かなり常識と読解力のない方だと思います。「駄目」という評価をする際の根拠がないのに、主観的でなく、客観的で断定的に書いている、つまり 検証もせずに 決めつけて書いています。さらに、自分が 顔や話し方が気に入らない方のことは、とくに無理やり批判しています。つまり、自分の嫌いな人を貶めるための、ミスリードの連続です。
このような方に悪い評価を受けてしまった店は まさに不運としかいいようがありません。読む側でそれをわからない鈍感さは罪ですし、こんな宣伝してしまうセンスもしんじられません。
もう一度 国語の勉強をするべきです。たまたま自分の好みとかぶる評価が多いからといって、持ち上げるのは無責任であり、自分の理解力のなさを晒すだけですよ。低評価された店は あの文章では絶対納得できないでしょう。とにかく 目をさましてください。
もう一度まとめます。評価の問題ではないんです。論法の問題なんです。あの論法で、店を悪く書く資格がないと言っているわけです。
Posted by 山下朋久 at 2012年05月10日 23:57
たろちゃん様
すみません。きつい文句のような事ばかり書いてしまいましたが、たろちゃん様を批判したいわけではありません。
そして、好きな店を批判されて、頭にきているわけでもありません。
他人を悪く書く場合のルールを守れていない文章だから怒るのです。
多分、本は、出版の際に、上の方が目を通すので、多少抜け目のない仕上がりになるでしょうから、一度、彼のブログや掲示板を見てみてください。意味がわかるとおもいます。
Posted by 山下朋久 at 2012年05月11日 13:53
友里征耶のブログ見たけど、何であんなにつまんないの?小学生の日記か?文章の書き方もわからないようだけど。あの文章力で、批判された人、よく怒り出さないね。最も見ていないだけかも知れないね。
Posted by ペロペロペペロンチーノ at 2012年07月22日 01:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック