2012年04月28日

「世界一周恐怖航海記」車谷長吉

Cimg1917

嫁はん(詩人・高橋順子)にせがまれ世界一周の船旅に出ることになった長吉っつぁん。

外国など行きたくもないのですが、家に置いてきぼりにされるのもつらい。

というわけで100日間の旅がスタートです。

やはりこれは車谷長吉という異端(?)な作家の体験談だからこそ面白い。

もちろん他の作家でもそれはそれで興味深い読み物とはなるでしょうが、長吉節と世界一周というなんだかミスマッチな感じがいいんですよね。

そして船に乗り合わせたいろんな人を見る目がいかにもです。

これは日記形式なのですが、できれば日常の生活もこのように纏めて出版していただけないものでしょうか。(笑)

氏の日常には非常に興味あります。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 『く』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック